忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.06.13,Tue

 『貼雑乱歩(仮題、変更予定)』はどうせ貼雑なんだから、と開き直り、乱歩以外の書き手による文章もふんだんに貼雑することにいたしました。

 まず、アンドレ・ジイドの『一粒の麦もし死なずば』は堀口大學訳の新潮文庫、まあ新潮文庫はジードではなくてジッドなんですけど、とにかく第一部冒頭をGoogleドライブのOCR機能でテキスト化。

        一
 僕は、一八六九年の十一月二十二日に生れた。当時、僕の両親は、メディシス街の、アパートの五階か六階に住んでいたが、数年後には移転してしまったので、この家は僕の記憶にない。ただ、僕には今でもあの家のバルコニーが目に見える、──いや、むしろバルコニーからながめたもの、つまり上から見たあの広場と泉水の噴水、より正確に言うなら、今でも僕の目には見えるのだ、父が切り抜いてくれる紙の竜が、このバルコニーの上から僕と父の手を離れ、風に運ばれ、広場の噴水池の上を越え、リュクサンブール公園まで飛んでゆき、そこの高いマロニエの枝にとまるのが。
 僕の目にはまたかなり大きなテーブルが一つ見えてくる、たぶんそれは食堂のだろうと思うが、とにかく床にまで引きずりそうなテーブル・クロースにおおわれていた。僕はときどき遊びに来るおない年ぐらいの家番のせがれと一緒に、よくこの下へもぐりこんだものだ。
 「何をなさいますんですか。そんなところへもぐったりなさって?」と、僕つきの女中がよく叫んだものだ。
 「なんでもないさ。ただ遊んでいるだけだよ」こう言いながら僕らは、あらかじめ、見せかけに持ちこんでいたでたらめの玩具おもちやを、騒々しくふって見せるのだったが、じつは、僕らは、ほかのことをして楽しんでいたのだ。二人で寄りそってはいても、さすがにまだてんで別個に、これはずっと後になって知ったことだが、《悪い習慣いたずら》と呼ばれているあれ・・をやっていたのだった。
 僕ら二人のうちの、どちらが、どちらに教えたのやら? また、教えたほうの一人がはじめ誰から教えられたものやら? 僕はまるで知らない。どうやら、子供が、ときとすると、独自ひとりでにそれを発明することもあると承認する必要があるのかもしれない。自分の場合にしても、僕は誰かに、あの慰みを教えられたか、それとも自分でそれを発見したか、明言はできないが、ただ言えるのは、僕の記憶の及ぶかぎり遠い過去にさかのぼってみても、あの慰みが、ちゃんとそこに存在するという事実だ。
 このようなこと、また、これから先に僕が言おうとするようなことを語ることによって、自分がどんな損害を受けるか、もとより僕も承知しているし、僕に対して人々が投げかけるであろう非難の声も、僕にはあらかじめわかっている。ただ、僕のこの物語の存在理由は、それが真実だということ以外にはありえないのだ。いわば、僕は贖罪しよくざいのためにこれを書いているようなものなのだ。
 魂のすみずみまでが、透明さと、やさしさときよらかさ以外の何ものでもないはずだと人々が信じているあの無邪気な年ごろの自分のうちに、僕は今日こんにち思い出して、かげと、醜悪さと、陰険さ以外の何物も見いださない。

 乱歩の「彼」をやっつけるにあたって、誰が乱歩を使嗾したのか、と考えてみると、やっぱジードはかなり重要な位置を占めていたと断ぜざるを得ません。
PR
Posted by 中 相作 - 2017.06.12,Mon

 「貼雑乱歩」の冒頭にどうして乱歩のおじいさんを登場させたかというと、乱歩のおじいさんはエドガー・アラン・ポーが生まれた年の次の年に生まれたんだぜ、という事実をこの書き出しのシークェンスの落ちにしようと考えていたからでもありましたが、いざ書いてみると落ちになりません。

 困ったもんだな。

 しかしまあ、落ちにならない落ちのあとは、やっぱ中絶した自伝「彼」をやっつけるしかないな、ということになりました。

 そうすると、ジードの『一粒の麦もし死なずば』をはじめっからさーっと走り読みする必要が出てきて、古い新潮文庫をひっぱり出してきたんですけど、まーあ活字の細かいこと細かいこと、くらくらしてしまいました。

 なんか先の長い話だなあ。
Posted by 中 相作 - 2017.06.10,Sat

 すっかり暑くなりました。

 頭のなかはすっかり煮詰まってます。

 「貼雑乱歩」もやっぱもうひとつだなあ。

 てゆーか、何を書きゃいいんだか、いまだに見当がつきません。

 平井もく右衛門えもん陳就のぶよりは文化七年(一八一〇)、伊勢いせのくにに生まれた。津藩藤堂とうどう家で重職にあった藩士の嫡男である。アメリカからペリー提督を乗せた黒船が浦賀に来航するのは四十年ほどあとのことになるが、波濤を越えて姿を現したロシアやイギリスなどの艦船は幕府と諸藩にすでに脅威を与えていた。伊勢湾に開かれて波静かな津の港も例外ではなく、津藩は弘化二年(一八四五)に大砲の鋳造を始めて異国船打ち払いに備えたと記録が残る。陳就は天保五年(一八三四)、跡目を相続して平井家七代当主となり、禄千石の上級藩士として津城に出仕する。藤堂家は伊勢伊賀両国を領する三十二万三千石の外様大名で、江戸期を一貫して津藩の藩主を務めた。陳就は十一代藩主高猷たかゆきに仕え、十代藩主だった高兌たかさわの弟、つまり現藩主の叔父にあたる高允たかのりの娘を娶った。いかにもややこしい話だが、とにかくお姫様を妻にした。生年も輿入れの年も不明なこの妻はしかし文久三年(一八六三)、陳就五十四歳の年に死去している。法号は静姝院、読みは、せいしいん、じょうしいん、せいしゅいん、じょうしゅいん、いずれとも知れぬが姝には美しいという意味がある。

 とにかく近世と西欧を出しとかなきゃ、ってんで書いてみた書き出しなんですけど、なぜか平井陳就一代記になってしまいました。
Posted by 中 相作 - 2017.06.06,Tue

 さて、この件です。

 まんだらけ:江戸川乱歩からの挑戦状1 SF・ホラー編 「吸血鬼の島」

 内容は、月刊誌「少年」の通常号や増刊号に掲載された「江戸川乱歩先生出題のクイズ」のたぐい。

 収録作品はこちらで確認できます。

 NDL-OPAC:江戸川乱歩からの挑戦状1 SF・ホラー編 「吸血鬼の島」

 カバーには江戸川乱歩著と大書され、奥付にも著者は江戸川乱歩であると明記されています。

 巻末に収録された野村宏平さんの「解説 雑誌《少年》と江戸川乱歩」には、

 「これらの読物に関しては、乱歩が残した文献にはいっさい言及がなく、文体からも本人の執筆ではないことが推察できる」

 とか、

 「初期と後期では筆致や方向性が異なるので、複数の執筆者が存在したことは間違いないだろう」

 とか、作者が乱歩ではない旨の説明があるのですが、それにまた、以前は代作者が乱歩名義で書いたいわゆるリライトものが、いうまでもなく乱歩の承認のもと、ポプラ社からたくさん刊行されていたわけですから、乱歩が他人の手になった自分名義の出版物に鷹揚だったことはたしかでしょうけど、私のように狭量な人間は、ここまで堂々と乱歩の著作として刊行されるとなあ、と思わないでもありません。

 ついでですから、高木彬光ファンの小林宏至さんがクイズの代作者に迫った文章を発表していらっしゃいますので、天下御免の無断転載。


 「コミック版『刺青殺人事件』のこと、その他」と題された文書の一部です。

 しかしまあ、ずいぶん手間ひまがかけられ、思い入れがこめられて、もとより一般の商業出版社はとても出してくれそうにない一冊ではあり、乱歩に関するたいへん貴重な資料でもありますから、この『吸血鬼の島』、乱歩ファンはすべからく押さえておかれるべきかと愚考いたします。
Posted by 中 相作 - 2017.06.05,Mon

 いっこ前のエントリの『乱歩と清張』くらい、当地の本屋さんに並んでいてもおかしくないと思うんですけど、見当たりません。

 嘆きたくなります。

 ですから、とりあえず、ネット上の情報だけでエントリを仕上げました。

 本がますます売れなくなって、出版市場が縮小しつづけてるのはたしかでしょうけど、というか、全国出版協会の発表によると──

 全国出版協会:2016年の出版市場(紙+電子)を発表しました

 売り上げは減少の一途ですけど、電子書籍は伸びてるとのことです。

 そういえば、「二銭銅貨」をキンドル本で出す計画は、『江戸川乱歩偽自叙伝』のせいで大幅に遅れてしまいそうで、困ったことだなあ。

 というか、小学館の電子全集、5月配信分のダウンロードを忘れていたことを思い出しましたが、それはともかく、全国的に本が売れなくなって、当地の本屋さんには新刊がますます回ってこなくなり、名張はいよいよ知性には無縁な土地柄になってきているみたいです。

 ところで『江戸川乱歩偽自叙伝』の件ですが、さすがに乱歩になりきって私という一人称で乱歩三冊目の自伝を書くというのは僭越に過ぎましょうから、というか、ばーか、とかいわれてとくに乱歩ファンのみなさんから石を投げられてしまいましょうから、私ではなく彼という三人称で乱歩について語ることにすればいいのではないか。

 タイトルはどうするか。

 「彼」というのでは最初の自伝そのままですから、ちょっとひねって、「複雑な彼」。

 三島由紀夫かよ。

 てゆーか、安部譲二かよ。
Posted by 中 相作 - 2017.06.04,Sun

 いささか驚いたことに、というか、私はなんだかしょっちゅう驚いてるみたいなんですけど、当地の本屋さんにこの本が並んでおりました。

 まんだらけ:江戸川乱歩からの挑戦状1 SF・ホラー編 「吸血鬼の島」

 あッ、といささか驚きつつ、一冊だけ並んでいたのを買い求めてまいりました。

 著作権が切れたとなると、それはもういろんなものが出回るわけですけど、こういうのはどうなんでしょう。

 とにかく、目を通してみることにいたしますけど。
Posted by 中 相作 - 2017.06.03,Sat

 あとまたわかんないのが、読者層をどんなふうに想定すべきか、という問題。

 つまり、乱歩のことをどれくらい知ってる人を対象に書けばいいのか、ということです。

 たとえばこのブログなんて、擦れっ枯らしの乱歩読者に向けて書いてるようなものなんですけど、本にするとなると、そんなわけにもいかんのではないか。

 この点に関しては最近、ちょっとびっくりしたことがあって、というのは、集英社新書の4月の新刊で山崎雅弘さんの『「天皇機関説」事件』が出ました。

 集英社:「天皇機関説」事件

 実証的で時宜に適った好著なんですけど、とてもわかりやすく書かれていることにいささか驚いてしまいました。

 むろん論述も明快でわかりやすいんですけど、本文中のさほど難解でない語句にも丁寧に丸括弧で註釈が挿入されています。

 任意のページから拾ってみると──

 東京帝国大学(今の東京大学)

 法人(法的に擬人化した概念)

 権限(権力)

 「あとがき」によると、わかりやすさは山崎さんが強く意識していたことでもあったようで、新書という出版形態では当然のことでもありましょうけど、しかしここまで徹底してわかりやすさを追求するのか、と本の内容には直接関係のないところでえらく感心してしまった次第です。

 むろん『江戸川乱歩偽自叙伝』もわかりやすく書かなければなりませんけど、乱歩のことをどの程度知ってる人を対象にすればいいのやら、どの程度委曲を尽くせばいいのやら、どうもようわかりません。

 というか、それ以前に、しょせんいろものなんだもんなあ。
Posted by 中 相作 - 2017.06.02,Fri

 これも吝嗇の愉しみと呼ぶべきか、文庫落ちを待っていた奥泉光さんの集英社文庫『東京自叙伝』をぼちぼち読み進めているところですが、きょう、読んでる最中、この作品の叙述スタイルにヒントを得て、とてもいいことを思いついてしまいました。

 評伝のようなもの、などと寝ぼけたこといってないで、乱歩になりかわって乱歩の自叙伝を書けばいいのである。

 最初の企ては中絶に至ったとはいえ、乱歩は二冊もの自伝を残した人で、いやまあ最初のは一冊の書籍にはまとめられておりませんが、二冊目なんて昭和24年から35年までかかって書きあげられた恐ろしく分厚い一冊ですから、そんな人の評伝となるとどうしても二の足を踏んでしまいます。

 しかし、『探偵小説四十年』に書かなかったこと、書けなかったことも少なからずあったはずで、そこらのことを悪霊となった乱歩が自叙伝に洗いざらいぶっちゃけて書き下ろすという趣向はいかがでしょう。

 それはもうひどいもので、横溝の野郎はなにかっつーと突っかかってきやがってだいたいがあの「呪いの塔」とかいう駄作はいったいなんなんだばーか、とか、当たるをさいわい悪口雑言罵詈讒謗の限りを尽くすわけです。

 しかしこれはまったく根拠のないことでもなくて、乱歩と正史の不和と和解については、たとえば都筑道夫のこんな証言があります。

 2010年11月8日:〔*18〕推理作家の出来るまで

 どうせもう死んでんだし、てゆーかそもそも悪霊になってんだから、何も気にせず憚ることなく臆することなく好きなことほざいてやるぜこのすっとこどっこい、みたいな自叙伝を乱歩になりかわって私が書く。

 面白いではないか。

 ものすごく面白そうではないか。

 電光石火でタイトルも決まった。

 ──江戸川乱歩偽自叙伝

 うーん。

 困ったな。

 どう考えてもいろものではないか。
Posted by 中 相作 - 2017.06.01,Thu

 さて、えらいことなんです。

 先日もご覧いただいたかと思いますけど、鷲田小彌太先生のブログのこのエントリ。

 鷲田小彌太の仕事:読書日々 831

 鷲田先生が当地へおいでになりまして、中むら西口店、番じゃ屋敷、白木屋名張駅前店で痛飲いたしました。

 6 名張シティホテル、中相作さんと連絡、駅近くの居酒屋で、尾崎(名張・赤目在住、旧三重短の同僚)さんと落ち合い、たらふくのみ、最後にホテルの近くの白木屋で分かれる。中(乱歩研究家)さん、1冊書くことを了承。この旅の目的の一端を終えた。

 で、私、「1冊書くことを了承」いたしました。

 何を書くのか。

 乱歩の評伝のようなもの、みたいなことなんですけど、謹んで承りはいたしましたものの、翌日、一日ぼーっとしながら考えてみても、何を書いていいんだか、これがさっぱりわからない。

 うそでも冗談でも謙遜でも卑下でも卑下自慢でもなく、ほんとにわかんない。

 かりにこれが、乱歩のこれこれについて書け、というご注文であれば、質はどうあれ、なんとか書ける気はするのですが、乱歩について書け、となると、あまりにも茫洋としていて、どこからどう手をつけていいのやら、とんとまったくてんでさっぱり五里霧中。

 それに私には、乱歩の評伝を書くのであれば、質はどうあれ、『探偵小説四十年』を一枚でも上回る分量の大冊でなければならない、というオブセッションがあって、ご注文いただいた枚数にはとても収まりません。

 しかし、『探偵小説四十年』って、いったい何枚くらいあるんでしょう。
Posted by 中 相作 - 2017.05.31,Wed

 どうも申しわけありません。

 きのうのエントリに誤記がございました。

 2017年5月30日:わが裡なる吝嗇漢が

 文中、「I am not who I was」とあるのは関係代名詞の使用法を誤っていて、正しくは「I am not what I was」である、とのご指摘をメールで頂戴いたしました。

 関係代名詞 who(格変化は、who‐whose‐whom)には、必ず前に人を表す名詞を先行詞をともないます。例えば、a friend who lives in Canada(カナダに住んでいる友達)など。

 一方、関係代名詞 what は、特殊な関係代名詞で、先行詞をともないません。意味は、the thing(s) which です。例えば、what Emi is saying(えみが言っていること)など。

 たしかにそうで、記しているときにも、who でよかったのかな? と一瞬思い、そもそもこのフレーズは太宰治の著名な短篇に由来しておりますから、その作品をチェックすればよかったわけですが、それに、いま調べてみたら青空文庫にも収録されていて、He あたりで全文検索すれば一発だったわけですけど、ああ、早くお酒が飲みたいな、とか思ってチェックを怠り、とはいえ、「I am not who I was」で検索したら、Brandon Heath という名前のクリスチャンミュージシャンがそういうタイトルの歌をリリースしてもおりましたので、やっぱ who でよかったんだな、と思い込み、それにしても、いいわけというのはどうしてこうだらだらだらだらばか長くなるのであろうな、ともあれここに訂正とおわびを記し、ご指摘いただいたかたへの謝意を表する次第です。

 では、そろそろお酒にいたしますので。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
26 27 28 29 30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]