忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.04.26,Wed

 中井洽さんのご逝去が報じられました。

 NHK NEWS WEB:中井洽元衆院議員が死去 国家公安委員長など務める(2017年4月24日)

 いやー、まいった。

 中井洽さんは慶應義塾大学推理小説同好会のご出身で、同好会OBのみなさんから名張市立図書館が、名張市は乱歩の生誕地だから、という理由でミステリ関連の蔵書を寄付していただく橋渡しをしていただいたかたなんですけど、このブログの読者諸兄姉はとっくにご存じのそのとおり、名張市立図書館は資料収集のことなんてなんにも知りません。

 ですから寄贈を受けた資料も地下書庫に死蔵したまんま、いったい何をどうすればいいんだか見当もつかないありさまです。

 そもそもいつごろの話だったのかというと、私が名張市立図書館のカリスマ嘱託を拝命した平成7・1995年10月にはすでに地下書庫に寄贈資料が鎮座してましたから、少なくとももう二十二年ほどがとこ、市立図書館は無策無能を決め込んでいることになります。

 ただまあこれも無理からぬところで、名張市あたりのお役人なんてそれはもうびっくりするくらいあれですから、図書館が乱歩関連資料を収集するとしても古本屋さんでやみくもにあれこれ買い求め、それを本棚に並べたらもういっちょあがりなわけです。

 書誌データ拾って体系化する、なんてことは思いもつきません。

 要するに、図書館による資料収集を展示や陳列のレベルでしか考えられないという寸法です。

 となると、死蔵してるよりはネットオークションで売りさばいたほうがまだましでしょうから、①永遠に死蔵、②ネットで売却、この二択の結論を名張市の市長さんに出していただこうと私は少し前から考えていたわけです。

 名張市という低能自治体にできるのは、しょせんその程度のことなのね。

 しかし、それももったいないといえばもったいない話ですから、名張市立図書館が収集した乱歩関連資料と寄贈を受けたミステリ関連資料、みんなまとめてどこか適当な図書館とか資料館とか、そういったところに寄贈して活用してもらう道はないものか、とぐずぐず思案していたところへ突如として、まさしく青天の霹靂のごとくもたらされたのが中井さんの訃報でした。
 
 中井さんがまさか七十四やそこらでお亡くなりになるとは夢にも思ってませんでしたから、私としては寄贈図書に関して内心忸怩たるものをおぼえざるを得ない次第ですが、いまはただご冥福をお祈りするのみです。

 合掌。
PR
Posted by 中 相作 - 2017.04.24,Mon

 自分はいったい何をしたのかと振り返ってみますに、これすなわち、本や雑誌を整理するために小さな納屋をつくったらいろいろ物入りで本や雑誌を買い求める余裕がなくなってしまった、ということなのかもしれません。

 げんにたとえば国書刊行会の新編日本幻想文学集成、乱歩が収録された巻も買いそびれたまま木の芽どきに突入してしまいました。

 ただまあ、ほんとに、もうばかみたいに必死になって乱歩の本を身柄確保しつづけなくてもいいんじゃねーの? という気はいたします。

 というか、気がしてしかたありません。

 乱歩関連の本や雑誌を引き受けて末永く保存活用してくれる公的施設があれば話は別ですが、というか、そんな公的施設があるとすれば名張市立図書館がその筆頭なんですけど、そんな器用な芸当、あの図書館にはとても無理です。

 だったら三重県立図書館は? というと、あそこも私同様に余裕がないみたいで、話はいささか旧聞に属しますが、昨年11月25日の中日新聞の記事、ちょっと必要があってスキャンした画像が残ってましたので、天下御免の無断転載。



 三重県も伊勢志摩サミット押しつけられたりなんやかんやで大変みたいです。

 毎日新聞の記事。

三重県

財政難 人件費31億円を削減 サミット負担重く


毎日新聞2017年2月6日 13時32分(最終更新 2月6日 23時50分)



伊勢志摩サミットで伊勢神宮内宮を訪問し、参道を歩く安倍晋三首相ら各国首脳=三重県伊勢市で2016年5月26日、代表撮影

17~19年度の3年で

 三重県は、予算の財源不足を賄うため、2017~19年度の3年で人件費31億円の削減を県職員労組と県教職員組合に申し入れ、合意したことが6日、関係者の話でわかった。昨年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)開催の負担などがのしかかり、厳しい予算編成を強いられた。県は今月中に県議会に一般会計当初予算案と関係条例の改正案を提出する見通し。

 関係者によると、削減対象は、県職員と教職員、警察官の計約2万4000人の人件費。削減額は、管理職分が7億円、一般職員分が24億円となる。今後3年間にわたり、年2回の期末・勤勉手当(ボーナス)から減額する。16年度の人件費は2227億円だった。

 県の財政は22年度の公債費償還のピークを前に厳しさを増している。16年度のサミット関連予算は、国の補助を除いた県の負担は49億円余。うち約35億円に県債を充てた。

 17年度一般会計当初予算案は総額7011億円の見通し。財源不足に苦しみ、県は1月中旬、両労組に「人件費を含む財政調整」の協議を申し入れた。11年の鈴木英敬知事就任後、人件費削減は3回目となり、両労組は反発していたが、「断腸の思いで妥結」(県職員労組)した。【田中功一、井口慎太郎】

 財政難に対処するに、三重県は人件費の削減という最後の手段に訴えましたが、名張市は固定資産税の税率引き上げという意想外の手法をくり出しました。

 しかしまあ、そうでもしないことには前市長のセックススキャンダルに幕引きもできなかったわけだからなあ。

 なんか、名張市ってもう無茶苦茶じゃね?
Posted by 中 相作 - 2017.04.23,Sun

 私が今年の木の芽どき、いつの年にも増して精神的に不安定だったのは、納屋にまつわるあれこれのせいで気もそぞろになっていたからかもしれません。

 納屋ひとつ建ててみるとやはり想定外の必要品というのが避けがたく出てくるもので、このブログに記したところでは遮光ロールスクリーンやWi-Fi中継機なんてそもそもそんな商品が存在することすら知らなかったものを買い求めねばなりませんでしたし、ほかにもたとえば納屋に子機を置くため子機を二台備えたファクスつき電話機を導入したりなんかして、それはもう名張市内のホームセンターや家電量販店や百円ショップを春の嵐にあおられたみたいにいくたびもきりきりと巡回する仕儀となりました。

 ですから本を買うことがお留守になり、というか、きりがないからもういいのではないか、という気になり、乱歩の新刊の比較的高価なものは購入しないまま春を過ごしつつあります。

 もういいのではないか、という気には去年もなって、こんなことを記しました。

 2016年4月28日:そうだ、ゆるキャラになろう

 私という人間には木の芽どきになるとこんなことを口走る傾きがあるのかもしれませんが、去年、私をして、こんな本を買わされるのはどうしてもいやだ、死んでもいやだ、と思わしめてくれたゴマブックスは今年、こんな本を出しちゃってくれちゃいました。

 Amazon.co.jp:〔大活字名作シリーズ〕怪人二十面相 上
 Amazon.co.jp:〔大活字名作シリーズ〕怪人二十面相 下

 二冊で六千円もしますのんえ。

 コマブックスもたいがいにしとかなあかんで。
Posted by 中 相作 - 2017.04.22,Sat

 書棚をざっと調べると「思い出す事など」を収録した漱石の本は二冊見つかりましたが、青空文庫のテキストにもとづくキンドル本が無料で入手できますので、それをキンドルにダウンロードしました。

 妙なもので、有料の電子書籍をダウンロードするのは、キンドルをなくしたらそのなかのすべての本が一瞬にして失われてしまうから、みたいな理由でとても躊躇されますが、というか、ダウンロードした有料電子書籍は小学館の乱歩全集と『「坊っちゃん」の時代』だけなんですけど、無料の電子書籍となるとためらうことなくダウンロードできてしまう自分がなさけない。

 それはさておき、「煢然けいぜんとしてひとりその間に老ゆるものは、見惨みじめと評するよりほかに評しようがない」という文章が出てくるのはこの章です。

 青空文庫:思い出す事など > 十九

 まさしく煢然として老いつつある身としては、まことにおこがましいことを申しますが、漱石の境涯が他人のものとは思えませんでした。

 『「坊っちゃん」の時代』を読み終えたのは、誰の齢かと思っちゃう六十三歳もそろそろ終幕、納屋の普請が済んであれやこれやの雑務が押し寄せてきていたころでしたけれど、乱歩関連の雑誌を納屋の書棚に整理してそれを眺めたりなんかしていると、なんかここ二十年ほど、結局は時間とお金の無駄づかいをしてきたのではないかという気がしてきて、とくに横にして積みあげたコミック誌の山なんかには泣きたいような気分にさせられてしまいます。

 ほんとにコミック誌なんか買っても無駄なだけだ、と思いつつ、きょうもきょうとて「乱歩アナザー」が連載されている「少年マガジンエッジ」を買ってきてしまい、そのせいでまた自己嫌悪めいた感情を抱いている始末。

 自己嫌悪といえば、Wi-Fiの中継機ひとつ満足に扱えなかったときには自分の愚かさにほとほと愛想が尽きてしまい、乱歩作品に登場するせりふから引けば「えっ、くそ、死んじまえ、死んじまえ、死んじまえ……」といった絶望的な自己嫌悪にのたうちまわってしまいましたが、こうした精神の不安定、いわゆる木の芽どきというやつのせいだったんでしょうか。
Posted by 中 相作 - 2017.04.20,Thu

 『「坊っちゃん」の時代』の第五部「不機嫌亭漱石」では、いわゆる修善寺の大患が描かれます。

 明治も暮れ方のある夏、漱石は胃潰瘍の入院加療を終え、伊豆修善寺の菊屋旅館で転地療養の日々を送りますが、ある日、大量に血を吐いて死線をさまよいます。

 というか、ほぼ死んでしまい、また生き返ってきます。

 第五部の第一章は「雨降る」。

 幕開けは、漱石が雨のなか、人力車で菊屋旅館へ向かうシーンです。

 はっはーん、と私は思いました。

 なにしろ『「坊っちゃん」の時代』に乱歩が登場すると思い込んでいたものですから、修善寺で療養している漱石と、母方の祖母と熱海で夏休みを過ごし、雨の日のつれづれに貸本屋で黒岩涙香の『幽霊塔』を借りて読んだ乱歩とが、どこかですれ違ったりなんかする筋立てになっているのであろうな、と踏んだわけです。

 第五部以前にも村山槐多や南方熊楠がカメオ出演していましたから、乱歩もきっとその伝であろう。

 しかし、平井太郎少年は最後まで姿を見せず、肩透かしをくらった私はおおきに茫然といたしましたが、そのいっぽうで「煢然けいぜんとして独り老いるのは惨めというほかはない」という漱石の内的独白に切実な共感をおぼえました。

 あとで調べてみたところ、煢然というのは、孤独なさま、たよりないさまを意味する形容動詞でした。

 ちなみに漱石は四十九歳で死去していて、修善寺の大患は四十三歳のときのこと。

 さらにちなみに乱歩の父親、平井繁男は漱石と同じ慶応3年生まれです。

 第五部第十四章「煢然として独り老ゆ」に描かれた漱石の独白は、いったいどの作品にもとづいているのか。

 ネット検索した結果、青空文庫の「思い出す事など」がひっかかってきました。

 青空文庫:思い出す事など

 明治43年から翌年にかけて朝日新聞に連載された随筆です。
Posted by 中 相作 - 2017.04.17,Mon

 きょうはまた肌寒くなりましたけど、きのうは初夏のような一日になり、名張市にある乱歩ゆかりの宇流冨志禰うるふしね神社では春祭りが営まれました。

 足を運んでみたんですけど、名張のまちの氏神さまのお祭りだというのに、明るい陽射しを浴びた名張のまちには人通りがほとんどありません。

 ほんとに死に絶えてました。

 名張のまちは本当にもう死んでしまいました。

 帰り道、人影のない参道は静まり返り、桜はすでに葉桜、空には気の早い鯉のぼりが見えておりました。


 六十五年前の9月、この神社で川崎秀二代議士の応援演説をしたあと、乱歩はこの坂を下って清風亭まで歩いたのか、と不意の感慨をおぼえながら、私も同じように坂道を歩いて、自動車を停めてあったイオン名張店まで戻りました。

 イオン名張店三階にあった地元資本の本屋さんも、一階にあったチェーン店のコーヒーショップも、すでに撤退して、立ち寄る先がないものですから、自動車でそのまま家へ。

 それから、納屋へ。
Posted by 中 相作 - 2017.04.16,Sun

 身辺整理がまだ終わりません。

 とにかくもういろんなものを処分していて、何年か前に話題になった断捨離とはこのことかと得心している次第です。

 身辺整理は終わらなくても、こっちのほうは終わらせておきたいと思います。

 2017年3月28日:検閲と名張 前篇
 2017年4月09日:検閲と名張 中篇

 水沢不二夫さんの「検閲官生悦住求馬小伝」から、「一 生悦住の出自」のつづきを最後まで引用。

 父親は桑名警察署(内勤)や久居市の農林学校、鈴鹿市の神戸中学(現、高等学校)の事務長などを務めており、その関係からか生悦住の出生は久居市であったらしい。生悦住と夏見の生悦住本家との関係の詳細は不明だが、父親は伊賀に葬られている。母方の祖父は桑名市新地に住み、多度神社の神職であった。
 生悦住は三重県第一中学校(現、津高等学校)を月謝免除の特待生で卒業し、校長推薦で第八高等学校文科甲類に進み、二年時から特待生となった。同級には穂積秀次郎がいた。
 一九二一年(大正一〇)、東京帝国大学法学部英法科に入学し、穗積秀次郎と再会する。秀次郎は憲法学者穂積八束やつかの次男で、八束は兄の民法学者陳重のぶしげとともに法曹界の重鎮である。両者ともに東京帝国大学法科大学長を務め、司法試験や高等文官試験も采配し、内務省の人事も蔭で掌握していた。生悦住はその八束の家に下宿人として転がり込む。この瞬間に生脱住の官僚としての将来が約束されたと言ってもよいだろう。
 もちろん生悦住は私的コネクションだけで官僚になっていくのではない。三年時在学中に高等文官試験に合格するという快挙もなしている。入省後に受ける者も珍しくなかったから、官僚のなかでもまさにエリートである。やがて生悦住は三重県内務部長岸本康通のツテを辿り、内務省人事課長佐上信一に幾度も面会し、採用試験に至る。佐上は岡山、長崎県知事を経て地方局長となり、そのあいだ生悦住の人事ばかりか結婚まで面倒を見ることになる。
 生悦住の学業は一九二三年(大正一二)の関東大震災後の混乱で卒業式もなく終わった。政府は一一月には「国民精神作興に関する詔書」を発し、時代は大正デモクラシーから政府主導の〈思想善導〉に移行していく。「教育勅語」や「戊申詔書」に続き、詔勅という憲法、法律を超越した審級による国民国家の道徳、精神、教養の質の枠組みが補強、新造されたのである。この証書は第一次大戦後の風俗の弛緩、動揺の矯正を目的とするものであった。生悦住はこうした政府による言論統制、思想統制、そして思想誘導の流れに身を投じていく。
 生悦住の警保局図書課での仕事は四期に分けられる。①初任時の見習いの「ぞく」、②調査担当事務官、③検閲・企画担当事務官、そして④課長の時期である。

 たしかに名張市夏見は生悦住一族の本貫で、住所でポン! してみたら生悦住さんは五軒ありました。

 ただしこの生悦住求馬、水沢さんが「出生は久居市であったらしい」とお書きのとおり、名張生まれではありません。

 ウィキペディアは「久居市に生まれる」と断定しています。

 ウィキペディア:生悦住求馬

 ちなみに久居市は平成18・2006年、市町村合併で姿を消し、現在は津市になっております。

 どうもこの生悦住求馬みたいなエリート、名張なんてとこには生まれそうもありませんが、とにかく現在の名張市に生まれた探偵作家の作品を、現在の名張市に本家があった内務官僚が取り締まり、文庫本一冊を発禁処分に追い込んだのですから、なんとも奇しき因縁だという気がいたします。

 もっとも、生悦住はたぶん乱歩が名張生まれだということは露ほども知らず、そもそも探偵小説なんて低俗なものだと頭から軽蔑していたのではないかと想像されます。

 全篇はこちらでどうぞ。

 森話社:日本文学[近代]|検閲と発禁 近代日本の言論統制

 かなりお高い本ですから、図書館をご利用いただくという手もあります。
Posted by 中 相作 - 2017.04.13,Thu

 4月なかばの一日も暮れようとしておりますが、先日もご紹介申しあげました拙宅にもっとも近い桜。


 きょうはこんな感じでした。


 かなりの老木なのか、今年は去年ほどの勢いがなく、ものぐるいめく盛りは迎えることなく散ってゆきそうな気配です。

 なんか、ひとごとじゃねーよな、という気がしないでもありません。
Posted by 中 相作 - 2017.04.12,Wed

 えー、無線LAN中継機の件、あるかたからメールでアドバイスをいただいたのですが、じつはもう設定が済み、納屋のコンセントで甲斐甲斐しく稼働中です。

 ほれこのとおり。


 とはいえこれ、自分で設定したわけではなくて、いくらあれしてもこれしても全然だめだから、ここまでばかだとは思わなんだぞ、とみずからの能力に見切りをつけ、プロバイダに電話して出張サービスでやってもらった結果です。

 サービスったってむろん有償で、しかも上の段落に記したような単純な話ではなく、なんとも複雑な経緯をたどってようやくたどりついたのが上の写真なわけで、いやもうほんまになさけないやらあほらしいやら。
Posted by 中 相作 - 2017.04.11,Tue

 遠方では時計が遅れるそうですが、納屋ではWi-Fiがつながりにくくなります。

 納屋のなかでノートパソコンを開き、ブラウザであちこち閲覧していると、突然、インターネットに接続されていません、みたいなことになってしまうわけです。

 頻繁ではありませんが、ときどきなります。

 いや、よくなります、というべきか。

 かくてはならじ、と打開策を調べてみると、無線LAN中継機なるものがあることが判明しました。

 無線LANの電波が届きにくい場所に設置し、文字どおり電波を中継する装置です。

 ネット上の情報では、ごく簡単に設置できるらしい。

 電気屋さんに走るのも面倒なのでアマゾンを利用して、というようなことが家電といわず本といわず、最近ほんとに増えてきて軽い罪悪感さえおぼえてしまう始末ですが、ともあれ最安値とおぼしい中継機を発注いたしました。

 さて、届いた中継機をいくら説明書どおりに設定しようとしても、できない。

 どうしてもできない。

 設定には自動と手動の二種類があって、自動がだめなら手動でやってくれ、と説明書にあります。

 やってみました。

 それでもできない。

 どうしてもできない。

 世間のごくふつうの人間にこともなくできるであろうはずの作業が、私にはできない。

 相当なばかなのか、と自問自答しながら次の日を迎える。

 とはいっても、ときどきあるいはよくつながらなくなるだけで、決定的な支障はありませんから、中継機なしでWebブラウジングをつづける。

 つながらなくなると、Wi-Fiのオフオンをくり返したりなんやかんや、小細工を弄してその場しのぎを重ねる。

 しかし、ストレスが蓄積されて、ついに爆発する。

 ふたたび接続を試みる。

 憤怒の形相で涙目になりながら試みる。

 できない。

 どうしてもできない。

 ばかなのであろうな、と自分に問いかける。

 書いてるうちにわれとわが身がつくづく情けなくなってきましたので、またあらためて。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
29
30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]