忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.04.22,Sat
ウェブニュース

中日新聞 CHUNICHI Web
 平成29・2017年4月20日 中日新聞社

生誕地・名張で乱歩語る座談会 22日、「古書からすうり」
 帯田祥尚
 Home > 三重 > 4月20日の記事一覧 > 記事

生誕地・名張で乱歩語る座談会 22日、「古書からすうり」



1月に開いた古書店で本の魅力を語り合う座談会を企画する中田俊昭さん(右)と妻茂美さん=名張市中町で

 名張市が生んだ作家江戸川乱歩(一八九四~一九六五年)について語り合う座談会が二十二日、地元の古書店で開かれる。企画したのは、乱歩生誕の地から東に五百メートルほど歩いた中町商店街にある「古書からすうり」の店主中田俊昭さん(41)。「乱歩に興味を持ち始めた人から長年の愛読者までが気軽に語り合える会にしたい」と話す。

 江戸川乱歩といえば、代表作「怪人二十面相」をはじめ、神出鬼没の怪盗と名探偵明智小五郎が対決する推理小説が有名。作風は幅広く、戦争で手足を失った夫と妻の愛憎を描いた「芋虫」など、人間の内面を鋭く見つめた作品ものこした。

 座談会は参加費五百円で午後六時開始。市内の乱歩研究家上田豊太さん(46)が「乱歩と怪談」と題し、海外のホラー小説が乱歩作品に与えた影響を解説する。上田さんによると、乱歩は創作の傍ら、英米のホラー小説を国内に紹介する評論家でもあった。取り上げた作品の恐怖の描写が、後の乱歩作品に生かされたと指摘する。



文学を中心に本が並ぶ店内。奥に喫茶スペースがある=名張市中町で

 解説後は午後九時まで、参加者がそれぞれの感想や作品に対する思い入れを語り合う。

 名張市内では珍しい古書店を中田さんが開店したのは一月。昨年末まで勤めていた県上野森林公園(伊賀市)を退職し、妻茂美さんと築百三十年の町家を改修した。木のぬくもりを感じる店内に七千冊の蔵書の一部が並ぶ。来店客にくつろいでもらうため、店の奥には十四席の喫茶スペースを設けた。調理師の資格を持つ茂美さんが腕をふるう飲食メニューをそろえ、夫婦で切り盛りする。



 「本を通じて、見ず知らずの人と意気投合する瞬間がいい」。五、六年前に古書市に出店した際、客や他の出店者との作品談議に花が咲いたことをきっかけに自ら店を構える決心をした中田さん。座談会開催は、店を交流の場にしてほしいという思いから。茂美さんも「映画や展覧会を見た後もそうだけど、本を読んだら誰かと感想を語り合いたいじゃない」と背中を押した。

 座談会は作家やテーマを変えて五月以降も毎月続ける。店の居酒屋メニューも別料金で注文できる。(問)古書からすうり=0595(41)1578

 (帯田祥尚)
PR
Posted by 中 相作 - 2017.04.19,Wed

 あっちこっちなかなか片づきません。

 気の向くまま、ふと思いついて、キンドル本で読んだ関川夏央さんと谷口ジローさんの『「坊っちゃん」の時代』から、とても印象に残った漱石の独白、つまり吹き出しですけど、それを引用してみます。

 第五部「不機嫌亭漱石」の第十四章「煢然として独り老ゆ」、すなわち全体の最終章のいっこ前の章なんですけど、以下、吹き出し単位で一行あけながら。

相撲がつに
組んでかっきり
合ったとき

土俵のまん中に
立つ彼らは
存外ぞんがいに静かだ

けれども
その腹は

一分とたたぬ
うちに恐るべき波を
打つ 汗は幾筋と
なく流れ落ちる

二人の力士が
一見落ち着いて
いるのは相克あいこく
する力がわずかに
平均を得ている
からで

これを
互殺ごさつ
という

自分の
生活もまた
同じだ

自分は
つとめて
静かに日々を
消光しようこうしている
かに見えて

その内実は
妻子を養わんが
ために世間と
組み合って

互殺の和の
脂汗をした
たらせている

柔和な笑いの
下に殺伐さつばつの気を
みなぎらせている

官の権威を
借りず また
組織の一員たる
こともせず

自活自営の
道を歩む個人に
とって 自然は公平
で冷酷な敵だ

……
そして社会は
不正で人情
のある敵だ

……
そう思う
自分さえ

日に
何度となく
自分の敵になる

疲れても
ぬ戦いを
持続しながら

煢然けいぜんとして
ひとり老いるのは
みじめというほか
はない

惨めという
ほかはなくとも
……

僕は
官の世話に
ならない

大学の世話に
ならない

博士号の
世話にも
ならない

一介いつかい
夏目金之助と
してこの
引き受けて

偶然生還
したこの世に
とどまる心算つもり

いらん
ものは
いらんのだ

いやな
ものは
いやなのだ

 「煢然」ということばの意味はわかりませんでしたが、「煢然として独り老いるのは惨めというほかはない」という独白がひえびえと胸に迫ってくるのをおぼえました。
Posted by 中 相作 - 2017.03.21,Tue
催事

乱歩・読書・「おたく」 われらはみな幻影の城主
 平成29・2017年3月11日
 立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)
 講師:浅羽通明
 主催:江戸川乱歩記念大衆文化研究センター

 

 立教大学:トークイベント「乱歩・読書・「おたく」~われらはみな幻影の城主~」
Posted by 中 相作 - 2017.02.02,Thu
テレビ

超・少年探偵団NEO
 平成29・2017年1月30日 午後9時55分─10時 TOKYO MX

スタッフ
原案:江戸川乱歩「少年探偵」シリーズ
企画:長谷川均(ポプラ社)安川めぐみ(ポプラ社)花立健(ポプラ社)椎木隆太(ディー・エル・イー)原田拓朗(ディー・エル・イー)
企画協力:森潤也(ポプラ社)富山なつき(ポプラ社)岡本大(ポプラ社)富川いず美(ポプラ社)
プロデューサー:芦塚明子(ディー・エル・イー)
アシスタントプロデューサー:加藤隼輔(ディー・エル・イー)
監督・シリーズ構成:大宮一仁
新・怪人二十面相キャラクターデザイン:天野喜孝
アニメーション制作:ディー・エル・イー
製作: ポプラ社、ディー・エル・イー

キャスト
7代目小林少年:木村良平
7代目明智小五郎:細谷佳正
7代目怪人二十面相:江口拓也
花崎マユミ:上坂すみれ
ネコ夫人:花澤香菜
ノロちゃん:久野美咲
井上くん:堀井茶渡
ばあやさん:田中あいみ
シャーロック:花澤香菜
各話怪人:三宅貴大
ナレーション:三木眞一郎


スシ VS ピザ
 第5話

 超・少年探偵団NEO:Home
Posted by 中 相作 - 2017.01.23,Mon
ウェブニュース

ステージナタリー
 平成29・2017年1月16日 ナターシャ

北園涼が天才少年探偵に、舞台「乱歩奇譚」高橋李依&八島諒らと推理
 Home > ニュース > 記事

北園涼が天才少年探偵に、舞台「乱歩奇譚」高橋李依&八島諒らと推理

2017年1月19日 12:00



舞台「乱歩奇譚 Game of Laplace」メインビジュアル

舞台「乱歩奇譚 Game of Laplace」が、4月12日から16日まで東京・シアターサンモールにて上演される。

2015年にフジテレビ「ノイタミナ」にて放送されたテレビアニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」を原作とした本作。鈴木智晴が演出を手がける舞台版では、ミュージカル「刀剣乱舞」で活躍する北園涼が天才少年探偵・アケチ役を演じ、コバヤシ役にはアニメ版の声優を務めた高橋李依が抜擢された。

このほかキャストには、ハシバ役の八島諒やカガミ役の富田翔、オリジナルキャラクター・ミカサ役を演じる矢尾一樹らが名を連ねている。またこのたび、メインキャスト5名が集結したビジュアルも解禁された。チケットの1次先行は1月21日から29日まで受付、一般販売は2月25日にスタート。

舞台「乱歩奇譚 Game of Laplace」

2017年4月12日(水)~16日(日)
東京都 シアターサンモール

原案:乱歩奇譚倶楽部
脚本・演出:鈴木智晴
脚本監修:上江洲誠

キャスト
アケチ:北園涼
コバヤシ:高橋李依
ハシバ:八島諒

ナカムラ:福地教光
影男:高木俊
ホシノ:須藤茉麻
オクムラ:足立英昭
ミナミ:荒木未歩
ウツミ:宮島小百合
トキコ:妃野由樹子
ノロ:三浦菜々子

普光院貴之、春山大輔、宮岡あづさ、戸田早奈美、桐山菜穂、山口征秀、宝田直人

ミカサ:矢尾一樹(特別出演)

カガミ:富田翔

リンク
乱歩奇譚
Posted by 中 相作 - 2016.11.14,Mon
演劇

黒蜥蜴

平成28・2016年10月8日、9日
G/Pit(愛知県名古屋市中区栄1-23-30)
妖帝デカダンス第3回公演 第3回名古屋演劇祭出品
原作:江戸川乱歩「黒蜥蜴」
脚本:桜庭礼慈
演出:真宮広義
キャスト:金原みな子(妖帝デカダンス)、坂本あずき(劇団さる)、神崎美咲(G-voice Project)、増田優太(劇団さる)、佐藤健治(愛知学院大学演劇部“鯱”)、紫月、林菜々子、マイケル(劇団さる)、岩瀬かえで、リン(劇団マイケル)、富樫はるか


 

 

 妖帝デカダンス:Home
Posted by 中 相作 - 2016.09.03,Sat

 いっこ前のエントリに掲載した朝日新聞の「青鉛筆」は平山雄一さんからご提供いただきました。

 長谷川泰久さんからはこれが出るとご教示いだきました。


 あいかわらずいろんな人にお助けいただいております。

 どちらさまも今後ともよろしくお願い申しあげます。

 さて、『奇譚』の件。

 CD-ROMではなくて紙の本のほうは、むろん原本どおり横組みですが、本文はカタカナ表記をひらがな表記に改め、現代仮名遣いとして、漢字は新字体ということになります。

 原本のサイズは縦二〇五センチ✕横一三〇センチで、A5サイズがややほっそり窶れたような体裁ですが、藍峯舎版はA5判です、と告知されております。

 読者諸兄姉すでにご承知のとおり、原本の全ページはCD-ROMでご覧いただけますから、しかも大変鮮明な画像としてご覧いただけるはずで、これはもう講談社の江戸川乱歩推理文庫59『奇譚/獏の言葉』なんかとは比べものになりません。

 文庫版では文字が黒く塗りつぶされているとしか見えなかったところが、じつはたぶん煙草の火による焼け焦げであったり、欄外の追記に小さな字で記されていた「断続」が、画像を拡大して目を凝らすと「聯続」であったことがわかったり、とにかく原本が気軽に読めるのですから、新しい『奇譚』は大正5年の発行から百年後の読者にも違和感なく読んでもらえるものにするべきだろうと私は考えました。

 乱歩だって晩年の桃源社版全集では、漢字をかなに開いたり、「相違ない」を「ちがいない」と改めたり、読者にやさしいテキストとするため本文に手を加えているわけですから、『奇譚』のテキストを読みやすくするのは乱歩の意にも適うことではないのか。

 『奇譚』をつくったとき乱歩は満二十一歳で、私はちょうどその三倍、誰の齢かと思っちゃう六十三歳なんですから、誰がなんといおうといまや乱歩の大先輩、てゆーかもう老人じゃねーかくそったれ、とにかくこれはもう「黙れこわっぱ」みたいな感じで作業を進めてもいいであろうな、と私は考えたんですけど、これが悲劇のはじまりでした。
Posted by 中 相作 - 2016.08.04,Thu
雑誌

小説推理 9月号
 平成28・2016年7月27日発売 第56巻第9号 双葉社
 A5判 459ページ 910円(本体843円)

乱歩と清張
 郷原宏
 第24回(最終回)
 p176─182

 双葉社:小説推理
Posted by 中 相作 - 2016.06.26,Sun

 こんなことばかりもしてられないんやけど、と思いつつ、煩雑な日常から逃れてついつい点字狂になってしまう私です。

 「二銭銅貨」の翻訳について話をつづけますと、韓国と台湾でも訳されているものの、手もとに現物がないため仔細は不明。

 以上、中国、フランス、アメリカ、韓国、台湾、といったあたりが「二銭銅貨」の翻訳圏ということになるかと思いますが、これはむろん正確な情報ではありません。

 ここで国内に目を転じて、過去十年ほどの、というか、『江戸川乱歩著書目録』以降の新しい著書から「二銭銅貨」が収録されたものを拾っておきましょう。

編年体大正文学全集 第十二巻 大正十二年 
 平成14・2002年10月25日 ゆまに書房 ◎

屋根裏の散歩者 江戸川乱歩全集 第1巻
 平成16・2004年7月20日 光文社 光文社文庫

江戸川乱歩全集 1
 平成18・2006年11月20日 沖積舎 *復刻版

江戸川乱歩 ちくま日本文学007
 平成20・2008年1月10日 筑摩書房

江戸川乱歩短篇集
 平成20・2008年8月19日 岩波書店 岩波文庫 ◎

夢見る部屋 日本文学100年の名作 第1巻 1914-1923
 平成26・2014年9月1日 新潮社 新潮文庫 ◎

心理試験 江戸川乱歩文庫
 平成27・2015年11月30日 春陽堂書店 春陽文庫 *新装版

江戸川乱歩傑作選 獣
 平成28・2016年2月10日 文藝春秋 文春文庫

D坂の殺人事件
 平成28・2016年3月25日 KADOKAWA 角川文庫

 ◎は、初出の点字が修正されずに生きている版であることを示します。

 以上、電子書籍は対象とせずにお送りしました。

 もしかしたら「二銭銅貨」九十九円電書には、「二銭銅貨」の初刊以来の収録履歴、つまり、春陽堂の『心理試験』からKADOKAWAの『D坂の殺人事件』まで、簡単なリストを入れておいたほうがいいのかもしれません。

 しかし、そんなことしてる暇はとてもないんやけど。
Posted by 中 相作 - 2016.02.02,Tue

 いまや完全に、嵩にかかって攻めてきやがる、といった印象の進撃の巨人ですが、青空文庫のコンテンツにもとづく「二銭銅貨」キンドル版が無料で配信されました。


 そうかと思うと、こちら「押絵と旅する男」は気になるお値段が九十九円。


 私はもう、この手のものはいっさいスルーすることに決めてしまいました。

 いっぽう、国立国会図書館のデジタルコレクションでは、これまでに『鉄仮面』『新宝島』『名探偵ルコック』といったところが公開されていたのですが、たぶん今年に入って、平凡社の乱歩傑作選集第六巻『闇に蠢めく』と版画荘の『幻想と怪奇』が新たに加わりました。

 藍峯舎版『幻想と怪奇』では割愛されていた三篇、すなわち「屋根裏の散歩者」「白昼夢」「双生児」も、このデジタルコレクションでお読みいただけるようになったわけです。

 国立国会図書館デジタルコレクション:江戸川乱歩

 よう見てみたら、平凡社版乱歩全集の附録『犯罪図鑑』も、いつのまにかコレクションに加わっとります。

 この附録はまあ、こういったような次第だったみたいなんですけど。


 世の中、変われば変わるものです。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
29
30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]