忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.05.29,Mon
書籍

古本屋ツアー・イン・ジャパン それから
 小山力也
 平成27・2015年10月── 原書房
 A5判 カバー 339+34ページ 本体2400円

特別編 古本屋ツアー・イン・旧江戸川乱歩邸&土蔵

 原書房:古本屋ツアー・イン・ジャパン それから
 NDL-OPAC:古本屋ツアー・イン・ジャパン : 全国古書店めぐり. それから (珍奇で愉快な一五五のお店)
PR
Posted by 中 相作 - 2017.05.28,Sun
書籍

新編・日本幻想文学集成 第5巻

江戸川乱歩(編:別役実)、佐藤春夫(編:須永朝彦)、宇野浩二(編:堀切直人)、稲垣足穂(編:矢川澄子)
平成29・2017年2月── 国書刊行会
A5判 725ページ 本体5800円


押絵と旅する男
目羅博士の不思議な犯罪
パノラマ島綺譚
一人二役
木馬は廻る
白昼夢としての都市
 別役実

 国書刊行会:新編・日本幻想文学集成 5
 NDL-OPAC:新編・日本幻想文学集成. 5
Posted by 中 相作 - 2017.05.26,Fri
雑誌

京都大学國文學論叢 第37号
 平成29・2017年3月31日
 A5判 65+9ページ

大正一四年の江戸川乱歩
 宮本和歌子
 p29─38

 京都大学リポジトリ:京都大学國文學論叢 > 37号 > 大正一四年の江戸川乱歩
 NDL-OPAC:大正一四年の江戸川乱歩
Posted by 中 相作 - 2017.05.24,Wed
ウェブニュース

ダ・ヴィンチニュース
 平成29・2017年5月18日 KADOKAWA

怪人二十面相の正体が明らかに!?「東京バンドワゴン」の小路幸也が江戸川乱歩作品を大胆リメイク!
 朝宮運河
 Home > 文芸・カルチャー > 記事

怪人二十面相の正体が明らかに!?「東京バンドワゴン」の小路幸也が江戸川乱歩作品を大胆リメイク!

2017.5.18

 

『少年探偵』(ポプラ社)

 「東京バンドワゴン」シリーズで知られるミステリー作家・小路幸也の『少年探偵』(ポプラ社)が5月9日、文庫化された。同作は湊かなえ、有栖川有栖ら豪華メンバーが参加している江戸川乱歩オマージュ企画「みんなの少年探偵団」のうちの1作。乱歩の名作「少年探偵団」シリーズを下敷きに、名探偵と怪人の攻防をスピード感たっぷりに描いた長編ミステリーだ。

 あらすじを紹介しよう。物語の冒頭、怪人二十面相という正体不明の犯罪者によって日本中がパニックに陥っている様子が描かれる。おそるべき知恵で宝石や現金を盗みだしたり、真夜中の銀座に金色の人食い熊を出現させたり、その犯罪は「まるで子供っぽい悪戯」のようであるだけに得体がしれない。

 そんな様子を見かねて立ち上がったのは、ある出来事が原因で表舞台からふっつりと姿を消していた名探偵・明智小五郎だった。明智は旧友で新聞記者の真山とともに、二十面相の犯罪計画を阻止しようと行動を開始する。天才同士の知恵比べ、勝つのは明智か、二十面相か。

 ちょうどその頃、秘密を抱えた少年・芳雄は、列車に飛び込んで自殺しようとしていたところを謎の紳士に救われる。高級外車ベントレーで連れて行かれたのは、英国文化の香り漂う郊外の別荘だった。そこで芳雄は紳士から「探偵術」の手ほどきを受けることになる。怪人二十面相、明智小五郎、芳雄少年。見えない糸でつながった3人の天才が舞台上にそろったとき、運命の歯車が大きく回りはじめる。

 ネットでも読むことができるインタビュー記事によれば、著者は小学2年で乱歩の『青銅の魔人』に出会い、ミステリー小説の面白さに開眼したという。「少年探偵団」シリーズはミステリー作家・小路幸也の原点。本作には著者の乱歩ファンぶりがはっきりと刻印されていて、読者を微笑ましい気分にさせる。たとえば極彩色の羽を広げたモンスター・蛾男が町中に現れるという展開は、「少年探偵団」のノリそのものだし、冒頭の「ついにその名は、人々が顔を合わせれば時候の挨拶の様に口にする様になってしまいました」という一文は、乱歩の『怪人二十面相』の書き出しのパロディだ。

 その一方で、明智小五郎が貴族の血を引く美形のハーフ青年として描かれるなど、原典の設定を大胆にアレンジした点があるのも見逃せない。とくに大きな改変がなされているのは怪人二十面相の設定だ。ラストで明かされるその意外な正体は、乱歩ファンなら驚かされること必至。なるほど、あの素敵な大家族の物語『東京バンドワゴン』の著者が「少年探偵団」を書くとこうなるのか! 乱歩のおどろおどろしい『少年探偵団』とはまた違った魅力をもつ21世紀リメイク版。まったく新しい明智小五郎の冒険譚として、原典を知らない人でも楽しめるはずだ。

 『少年探偵』のタイトルをもつ本作は、芳雄が少年探偵として生まれ変わる姿を描いた、いわば「小林少年ビギニング」でもある。探偵助手となった芳雄が、明智とともに今後どんな活躍をくり広げていくのか。小路版「少年探偵団」が今後2作、3作と書き継がれていくのか、大いに気になるところだ。

文=朝宮運河
Posted by 中 相作 - 2017.05.22,Mon
ウェブニュース

横手経済新聞
 平成29・2017年5月18日 Yokotter

横手・酒造店の内蔵で朗読会 「江戸川乱歩の世界」テーマに
 Home > ヘッドラインニュース > 記事

横手・酒造店の内蔵で朗読会 「江戸川乱歩の世界」テーマに

2017年05月18日

  

日の丸醸造の倉庫

   

 横手の酒造店「日の丸醸造」(横手市増田町増田七日町)で5月20日、朗読会「奇っ怪 江戸川乱歩の世界」が開かれる。主催は秋田市の朗読グループ「ひいらぎの会」。

 

朗読会「奇っ怪 江戸川乱歩の世界」が開かれる日の丸醸造の文庫蔵

 同酒造の文庫蔵として使われてきた内蔵は、1908(明治41年)年築で国登録有形文化財。内蔵での朗読会は2012年から始まり今回で6度目。これまで、季節に合わせ「四谷怪談」や「源氏物語」などの演目で開いてきた。

 当日は、江戸川乱歩の短編「双生児」「人でなしの恋」「赤い部屋」の3本を朗読する。同会の安倍眞壽美さん、番場政司さん、山崎栄さんの3人が朗読し、「こおひい工房 珈音(かのん)」(男鹿市)の佐藤毅さんが奏でるコントラバスと共演を予定している。

 同酒造店の佐藤譲治さんは「この機会に増田の街並みと共に楽しんでいただければ」と話す。

 開催時間は13時30分~15時30分。入場料=1,000円。
Posted by 中 相作 - 2017.05.21,Sun
電子書籍

江戸川乱歩電子全集 第13巻 ジュヴナイル 第4集
 江戸川乱歩
 平成29・2017年4月28日 小学館 小学館eBooks
 本体1400円

ジュヴナイル 第4集
 海底の魔術師

初出・底本:少年 昭和30年1月号(10巻1号/1955年1月1日)→12月号(10巻14号/12月1日)*12回連載

 灰色の巨人

初出・底本:少年クラブ 昭和30年1月号(42巻1号/1955年1月1日)→12月号(42巻14号/12月1日)*12回連載

 探偵少年

初出・底本:読売新聞夕刊 昭和30年9月12日号→12月29日号(1955年)*96回連載

 天空の魔人

初出・底本:少年クラブ 昭和31年1月増刊号(43巻2号/1956年1月15日)

 魔法博士

初出・底本:少年 昭和31年1月号(11巻1号/1956年1月1日)→12月号(11巻15号/12月1日)*12回連載

 黄金豹

初出・底本:少年クラブ 昭和31年1月号(43巻1号/1956年1月1日)→12月号(43巻14号/12月1日)*12回連載

 魔法人形

初出・底本:少女クラブ 昭和32年1月号(35巻1号/1957年1月1日)→12月号(35巻14号/12月1日)*12回連載

解説 乱歩ZOOへようこそ!
 小松史生子
漢字で読んで比べる懐かしの少年探偵団 2
 海底の魔術師
  底本:ポプラ社 平成21年5月5日(2009年)
 灰色の巨人
  底本:ポプラ社 平成21年5月5日(2009年)
 黄金の虎(探偵少年)
  底本:二十面相の呪い ポプラ社 平成21年11月5日(2009年)
 天空の魔人
  底本:空飛ぶ二十面 ポプラ社 平成21年11月5日(2009年)
 魔法博士
  底本:ポプラ社 平成21年7月5日(2009年)
 黄金豹
  底本:ポプラ社 平成21年5月5日(2009年)
 悪魔人形(魔法人形)
  底本:ポプラ社 平成21年7月5日(2009年)
完全覆刻『小学六年生』連載/ダイジェスト版
 天空魔人 
  初出・底本:小学六年生 昭和41年8月号(1966年)
編集部註
江戸川乱歩電子全集オリジナル年譜
書誌情報

 小学館:江戸川乱歩 電子全集13 ジュヴナイル第4集
 2016年5月28日:江戸川乱歩電子全集
Posted by 中 相作 - 2017.05.20,Sat

6月

雑誌
少年マガジンエッジ 6月号

平成29・2017年6月1日(5月17日発売) 第3巻第6号(通巻21号) 講談社

乱歩アナザー 明智小五郎狂詩曲
 薫原好江
Entry
Posted by 中 相作 - 2017.05.20,Sat
雑誌

少年マガジンエッジ 6月号

平成29・2017年6月1日(5月17日発売) 第3巻第6号(通巻21号) 講談社
B5判 599ページ 650円(本体602円)


乱歩アナザー 明智小五郎狂詩曲
 薫原好江
 原作:江戸川乱歩
 協力:平井憲太郎
 第15回〈第3章 魔術師 V〉
 p264─300

 少年マガジンエッジ公式サイト:Home
Posted by 中 相作 - 2017.05.20,Sat
電子書籍

青空文庫
 平成29・2017年5月14日

透明怪人
 江戸川乱歩
 入力:sogo
 校正:大久保ゆう

 青空文庫:透明怪人
Posted by 中 相作 - 2017.05.19,Fri
ウェブニュース

毎日新聞
 平成29・2017年5月16日 毎日新聞社

江戸川乱歩賞|46年ぶり、受賞作なし
 Home > 芸術・文化 > 記事

江戸川乱歩賞

46年ぶり、受賞作なし

毎日新聞2017年5月16日 東京朝刊

 第63回の江戸川乱歩賞(日本推理作家協会主催)の選考会が15日開かれ、受賞作なしと決まった。

 1955年に始まった同賞で、受賞作なしは71年以来46年ぶりで、4回目。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]