忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.04.30,Sun
書籍

明智小五郎事件簿 XII
 江戸川乱歩
 平成29・2017年4月25日第一刷 集英社 集英社文庫
 A6判 カバー 497ページ 本体820円
 カバーデザイン:高橋健二
 装画:喜多木ノ実

悪魔の紋章

1934年3月初旬~4月27日
初出:日の出 昭和12年9月号(6巻9号/1937年9月1日)→昭和13年10月号(7巻10号/1938年10月1日)*14回連載
底本:江戸川乱歩全集14(桃源社/昭和37・1962年12月20日)

地獄の道化師

1934年5月
初出:富士 昭和14年1月号(12巻1号/1939年1月1日)→12月号(12巻15号/12月1日)*11回連載(休載1回)
底本:江戸川乱歩全集7(桃源社/昭和37・1962年4月15日)

明智小五郎年代記クロニクル 12
 平山雄一
闇と光明
 北村薫

 集英社BOOKNAVI: 明智小五郎事件簿 12
 2016年5月27日:明智小五郎事件簿
PR
Posted by 中 相作 - 2017.04.29,Sat

 大型連休がスタートいたしました。

 いかがお過ごしでしょうか。

 私はとくにどうということもありませんが、納屋および書斎の整理がようよう山を越えてやれやれといったところです。

 整理の合言葉は、段ボール箱撲滅、といったことでした。

 本でも雑誌でもコピーのたぐいなんかでも、とにかく段ボール箱に放り込んで積みあげてしまいがちなもので、いつかもご覧いただきましたが、コミック雑誌なんてこんな感じでした。


 しかし近所のマックスバリュ名張店で貰ってきた段ボール箱などというのは色気にも雅趣にも風情にも欠けますから、むしろ段ボール箱の一掃を整理の第一目標に掲げるべきではないかと考え、鋭意邁進してまいりました。

 おかげさまで段ボール箱の残存数は、書斎はゼロ、書庫兼トイレは一、納屋は三、ということになりました。

 せっかくここまで片づいたんだから、もうやみくもに本や雑誌を買うのはやめよう、ときっぱり決意したいなと思いつつ、きょうもコミック誌を買ってしまいました。


 こんなふうに紐をかけられて本屋さんの店頭に並んでましたから、乱歩がらみの連載が休載せずに載ってるかどうかを確認することもできませんので、とりあえず買ったわけなんですけど、ほんとうにもうこんな明け暮れからは足を洗わなくちゃ。
Posted by 中 相作 - 2017.04.29,Sat

5月

雑誌
少年マガジンエッジ 5月号

平成29・2017年5月1日(4月17日発売) 第3巻第5号(通巻20号) 講談社

乱歩アナザー 明智小五郎狂詩曲
 薫原好江
Entry
Posted by 中 相作 - 2017.04.29,Sat
雑誌

少年マガジンエッジ 5月号

平成29・2017年5月1日(4月17日発売) 第3巻第5号(通巻20号) 講談社
B5判 695ページ 650円(本体602円)


乱歩アナザー 明智小五郎狂詩曲
 薫原好江
 原作:江戸川乱歩
 協力:平井憲太郎
 第14回〈第3章 魔術師 IV〉
 p253─288

 少年マガジンエッジ公式サイト:Home
Posted by 中 相作 - 2017.04.28,Fri
ウェブニュース

チケットぴあ
 平成20・2017年4月26日 ぴあ

ルヴォー演出の『黒蜥蜴』全キャスト決定
 大内弓子
 Home > ニュース > 演劇 > 記事

ルヴォー演出の『黒蜥蜴』全キャスト決定

2017/4/26 17:50配信



中谷美紀、井上芳雄

今年2月に中谷美紀と井上芳雄の共演で上演が発表されて以来、その続報が待たれていた舞台『黒蜥蜴』。ついに全キャストが明らかになった。新たに発表になったのは、相楽樹と成河。江戸川乱歩の小説を三島由紀夫が戯曲化した傑作を、英国人演出家、デヴィッド・ルヴォーの演出によって立ち上げるこの公演。新鮮な顔合わせに期待が高まる。

『黒蜥蜴』は、美貌の女盗賊“黒蜥蜴”と名探偵“明智小五郎”が繰り広げる究極のエンターテインメント。その魅力を演出のルヴォーはこう語る。「社会的規範の外と内という相反する立ち位置にいながらお互いに惹かれ合う盗賊と探偵。しかしその恋は成就しない。三島は理想を追い求めながらそこに達し得ないことへの恐怖や怒りを描いたアーティストだと思いますが、私自身もそこに興味を持っています。しかも三島は、その報われない恋をロマンチックに描くのではなくグロテスクな美しさにこだわった。演出もナチュラリズムな世界に閉じこもらず、“狂ったエンターテインメント”にしていきたいと思っています」。

ルヴォーが求めるそんな世界の住人にまず抜擢されたのは、黒蜥蜴を演じる中谷美紀と明智に扮する井上芳雄だ。作品については、「耽美的でありながら、毒も含んでいて、きちんとエンターテインメントになっている、わかりやすい物語であることが、この作品の魅力」(中谷)、「黒蜥蜴が魅力的で、不思議な話ではありますが、ずっとすごく好きな作品でした」(井上)と語るふたり。かつて『ルドルフ~ザ・ラスト・キス~』でルヴォーの演出を受けた井上が「ルヴォーさんの演出は魔法にかけられているよう」と言えば、「“言葉の魔術師”という感じでご自分の世界に引き込む力がある方だと思うので、ぜひ私にも魔法をかけていただきたい」と中谷も意欲的だ。

そして、黒蜥蜴の部下・雨宮を演じる成河と、黒蜥蜴に誘拐される早苗を演じる相楽樹。「直接演出家とお話する機会をいただき、何よりもまず、“デヴィッド・ルヴォーの黒蜥蜴”というものを立ち上げることに興味を覚えました」(成河)、「ルヴォーさんの演出でどんなところへ連れて行ってもらえるか、想像もしなかった早苗に会えるのではないかと、楽しみな気持ちが強いです」(相楽)と、ふたりからも気持ちの高鳴りが伝わってくる。ほか、黒蜥蜴の家政婦・ひな役に朝海ひかる、早苗の父親役にたかお鷹も決まった。この多様な顔ぶれなら、まさに思いもかけない世界を作り出してくれるだろう。

公演は2018年1月東京・日生劇場、2月大阪梅田芸術劇場メインホールにて。

取材・文:大内弓子



成河



相楽樹



朝海ひかる



たかお鷹
Posted by 中 相作 - 2017.04.27,Thu
ウェブニュース

スポーツ報知
 平成29・2017年4月24日 報知新聞社

相楽樹、中谷美紀主演「黒蜥蜴」にまな娘役で出演「成長できる時間になれば」
 Home > 芸能 > 記事

相楽樹、中谷美紀主演「黒蜥蜴」にまな娘役で出演「成長できる時間になれば」

2017年4月24日6時0分 スポーツ報知



中谷美紀主演の舞台「黒蜥蜴」に出演する相楽樹

 女優の相楽樹(22)が、中谷美紀(41)主演の舞台「黒蜥蜴(とかげ)」(来年1月9日から東京・日生劇場ほか)で、物語の鍵を握る世界的宝石商のまな娘役で出演することが23日、分かった。

 江戸川乱歩の長編小説を、三島由紀夫が戯曲化。三島の戯曲の最高傑作の一つと称されている。今回は英国のデヴィッド・ルヴォー氏が演出する。

 相楽は、緑川夫人こと美貌の女盗賊・黒蜥蜴(中谷)から誘拐を予告された女性・早苗を演じる。美輪明宏主演の同作(15年)を偶然見ており、縁を感じているという。「彼女の中にいる怪物のような一面をいかに見せていくか、私にとって課題になっていく。ルヴォーさんの演出で、どんな所に連れていってもらえるのか。想像もしなかった早苗に出会えるのではとワクワク感もあり、楽しみな気持ちの方が強いです」とコメントした。

 小劇場の出演は多いが、1000人超の劇場は初めて。「これほど大きな劇場に立つのも一つ挑戦です。中谷美紀さん、(明智小五郎役の)井上芳雄さんとご一緒できるのはぜいたくな時間になると思う。成長できる時間になれば」と意気込んでいる。大阪公演は来年2月1日から大阪・梅田芸術劇場で。
Posted by 中 相作 - 2017.04.26,Wed

 中井洽さんのご逝去が報じられました。

 NHK NEWS WEB:中井洽元衆院議員が死去 国家公安委員長など務める(2017年4月24日)

 いやー、まいった。

 中井洽さんは慶應義塾大学推理小説同好会のご出身で、同好会OBのみなさんから名張市立図書館が、名張市は乱歩の生誕地だから、という理由でミステリ関連の蔵書を寄付していただく橋渡しをしていただいたかたなんですけど、このブログの読者諸兄姉はとっくにご存じのそのとおり、名張市立図書館は資料収集のことなんてなんにも知りません。

 ですから寄贈を受けた資料も地下書庫に死蔵したまんま、いったい何をどうすればいいんだか見当もつかないありさまです。

 そもそもいつごろの話だったのかというと、私が名張市立図書館のカリスマ嘱託を拝命した平成7・1995年10月にはすでに地下書庫に寄贈資料が鎮座してましたから、少なくとももう二十二年ほどがとこ、市立図書館は無策無能を決め込んでいることになります。

 ただまあこれも無理からぬところで、名張市あたりのお役人なんてそれはもうびっくりするくらいあれですから、図書館が乱歩関連資料を収集するとしても古本屋さんでやみくもにあれこれ買い求め、それを本棚に並べたらもういっちょあがりなわけです。

 書誌データ拾って体系化する、なんてことは思いもつきません。

 要するに、図書館による資料収集を展示や陳列のレベルでしか考えられないという寸法です。

 となると、死蔵してるよりはネットオークションで売りさばいたほうがまだましでしょうから、①永遠に死蔵、②ネットで売却、この二択の結論を名張市の市長さんに出していただこうと私は少し前から考えていたわけです。

 名張市という低能自治体にできるのは、しょせんその程度のことなのね。

 しかし、それももったいないといえばもったいない話ですから、名張市立図書館が収集した乱歩関連資料と寄贈を受けたミステリ関連資料、みんなまとめてどこか適当な図書館とか資料館とか、そういったところに寄贈して活用してもらう道はないものか、とぐずぐず思案していたところへ突如として、まさしく青天の霹靂のごとくもたらされたのが中井さんの訃報でした。
 
 中井さんがまさか七十四やそこらでお亡くなりになるとは夢にも思ってませんでしたから、私としては寄贈図書に関して内心忸怩たるものをおぼえざるを得ない次第ですが、いまはただご冥福をお祈りするのみです。

 合掌。
Posted by 中 相作 - 2017.04.26,Wed
ウェブニュース

CINRA.NET
 平成29・2017年4月24日 CINRA

中谷美紀主演の舞台『黒蜥蜴』全キャスト発表 相楽樹、成河ら出演
 Home > ニュース > 記事

中谷美紀主演の舞台『黒蜥蜴』全キャスト発表 相楽樹、成河ら出演

2017/04/24 13:27



中谷美紀



相楽樹



成河

2018年1月9日から東京・日比谷の日生劇場、2月1日から大阪・梅田芸術劇場で上演される舞台『黒蜥蜴』の全キャストが発表された。

江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本による舞台『黒蜥蜴』。美貌の盗賊・黒蜥蜴と探偵の明智小五郎による対決と恋を、歌舞伎の手法を織り交ぜながら描く。黒蜥蜴役を演じるのは中谷美紀。明智小五郎役を井上芳雄が演じ、演出をイギリス出身のデヴィッド・ルヴォーが手掛ける。

今回出演が発表されたのは、雨宮潤一役の成河、岩瀬早苗役の相楽樹、家政婦ひな役の朝海ひかる、岩瀬庄兵衛役のたかお鷹ら。チケットの一般販売は9月30日から開始する。

成河のコメント
雨宮という役はどちらかというと若いフレッシュな俳優が適任であろうと思っていたので、お話を頂いた時は正直少し尻込みをしました。ですが、直接演出家とお話する機会を頂き、彼の演出プランやこの作品に向けた意気込みを聞くにつけ、何よりもまず「デヴィット・ルヴォーの黒蜥蜴」というものを立ち上げる事に興味を覚えました。その一助たるべく頑張ろうと思います。

相楽樹のコメント
黒蜥蜴は舞台でも拝見したことがあったのですが、彼女の中に居る怪物のような一面をいかに見せていくか、きっと私にとって課題になっていくだろうと思っていたので、早苗役が決まったと知って純粋に嬉しかったのと同時に不安もありました。ですが、ルヴォーさんの演出でどんなところへ連れて行ってもらえるのか、最初には想像もしなかった早苗に出会えるのではないかとワクワク感もあり、今は楽しみな気持ちの方が強いです。
Posted by 中 相作 - 2017.04.26,Wed
演劇

TRICKSTER the STAGE

平成29・2017年4月12日─16日
Zeppブルーシアター六本木(東京都港区六本木5-11-12)
原作:Jordan森杉『TRICKSTER─江戸川乱歩「少年探偵団」より─』
脚本・演出:松多壱岱
振付:石岡貢二郎(K-DanceNexus)
出演者:細貝圭、鳥越裕貴、赤澤燈、赤澤遼太郎、輝山立、古谷大和、今川碧海、斎藤准一郎、山口大地、鯨井康介


 TRICKSTER the STAGE:Home
Posted by 中 相作 - 2017.04.25,Tue
演劇

二輪草 「孤島の鬼」より
 平成29・2017年4月27日(木)─30日(日)
 新宿ゴールデン街劇場(東京都新宿区歌舞伎町1-1-7)
 métro第7弾公演
 原作:江戸川乱歩
 演出・脚本:天願大介
 出演:月船さらら、若松力、村中玲、鴇巣直樹

 

 

 facebook:二輪草 ~「孤島の鬼」より~
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]