忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.02.28,Tue
ウェブニュース

マイナビニュース
 平成29・2017年2月17日 マイナビ

乱歩ファンは創作の現場に一度足を運ぶべし!
 Home > 旅と乗りもの > 観光スポット > 記事

乱歩ファンは創作の現場に一度足を運ぶべし!

[2017/02/17]



旧江戸川乱歩邸

明智小五郎が登場する『D坂の殺人事件』『陰獣』『孤島の鬼』『怪人二十面相』などの優れた小説・推理小説で知られる江戸川乱歩は、大正から昭和にかけて活躍した有名作家。その乱歩が、晩年の30年間を過ごした、池袋3丁目にある土蔵つき洋館が保存・一般開放されているのをご存知でしょうか? 日本を代表する推理小説家が生きて筆を走らせた痕跡を体験するため、江戸川乱歩邸へいざ潜入!

池袋に居住30年。この地で日本の探偵小説界を牽引

江戸川乱歩は日本の探偵小説界の黎明期にその礎をつくり、日本推理作家協会発足に尽力。そして江戸川乱歩賞を設立しました。乱歩は三重県出身ですが、人生で46回も引っ越しを繰り返し、昭和9年(1934)、46回目の引っ越し先がここ池袋でした。以来、昭和40年(1965)に亡くなるまでこの場所で『少年探偵団』『幻影城』など次々と傑作を生み出しました。 その邸宅は立教大学のすぐ近くにあり、6号館が乱歩邸と隣接。また、乱歩の孫が立教大学教授だったこともあり、大学は創立130周年を機に、この洋館と土蔵、そして約4万点の蔵書や資料を購入しました。以後管理を続け、土蔵の修復や書物の研究にあたっています。

『怪人二十面相』など傑作を土蔵で執筆。資料のお片づけマニアとしても有名

乱歩邸は現在、立教大学キャンパスの一角に含まれています。キャンパスの雰囲気を味わいながら、すぐそばの西洋風建築にツタが生い茂るステキな校舎「モリス館」を眺めたりしていると、ちょっとした観光気分。 乱歩は作家であるとともに、江戸時代の版本・写本類のコレクター、そして整理整頓マニアでした。母屋裏手に建つ土蔵は2階建で書庫として使用し、自らの著書タイトルと同じ『幻影城』と呼んでいました。 ここでは、乱歩が愛蔵書を几帳面に整理し区分けしていた様子をガラス越しにのぞき見ることができます。「のぞき」を小説の題材にしていた乱歩が、まさか後世に自分の家がのぞかれるとは予想していなかったでしょうね。

立教大学敷地内に建つ昭和モダンな洋館

母屋の洋館は玄関と応接室が公開されています。レトロモダンな造りで大学構内の片隅に建ち、乱歩が過ごしていた当時のまま時が止まったよう。お気に入りだったという応接室には暖炉があり、ソファセットなど調度品のレイアウトは乱歩自身が行ったのだとか。 玄関には、かの有名な「トリック分類表」の写しや、手製のスクラップブックも。そこに書かれた走り書きメモの毒舌ぶりに、乱歩の人となりが垣間見えてきます。自虐キャラだったらしく「作品の出来栄えに納得がいかん!」と言っては頻繁に休筆していました。 一般公開は毎週水・金曜のみ。ガイドブックが販売されているので、建物の詳しい内部構造や乱歩の世界を深めるにはおすすめです。
PR
Posted by 中 相作 - 2017.02.28,Tue
ウェブニュース

西日本新聞
 平成29・2017年2月24日 西日本新聞社

黒木華 悪女ぶり際立つ 「お勢登場」江戸川乱歩の"連作短編"
 Home > ニュース > オピニオン > 春秋 > 記事

黒木華 悪女ぶり際立つ 「お勢登場」江戸川乱歩の"連作短編"

2017年02月24日 17時00分



「お勢登場」より(撮影・細野晋司)

 近頃の小説では、複数の短編が絡み合って全体を構成する「連作短編集」という形態がちょっとしたブームだ。倉持裕作・演出の「お勢登場」(12日、東京・シアタートラム)は、まさに連作短編集のような舞台。江戸川乱歩の八つの短編をつなげて、一つの大きな物語を織りなしている。

 3月1日、福岡市民会館

 冒頭は幻想的な作品「押絵と旅する男」から始まる。汽車の中で紳士が大事そうに抱える押し絵。そこには男女の姿が描かれている。そして、観客はその額縁の中の世界へといざなわれ、別の物語に移っていく。

 ほかにモチーフにした短編は「お勢登場」「木馬は廻(まわ)る」「赤い部屋」「一人二役」といった幻想・怪奇作。さらに「二銭銅貨」「二癈人(はいじん)」「D坂の殺人事件」の本格推理ものも加えている。大正から昭和の雰囲気、乱歩の世界観はそのままに、笑いの要素もちりばめた。

 2階建てで、1階部分がさらに3分割された舞台セットを効果的に使いながら、それぞれの短編の筋をたどっていく。倉持が仕掛けた再構成の妙は、肺病の夫がいながら裏であいびきを繰り返すお勢(黒木華)を軸にしたところ。乱歩が明智小五郎のライバルにしようと構想したキャラクターでもあるお勢は、物語と別の物語との間を違和感なく飛び越えていき、短編だけでは味わえない重層的な深みをもたらしていた。

 乱歩作品の魅力の一つは、何げない日常のふとした瞬間、そこに潜む狂気を感じさせてくれるところにある。一見しとやかにも見えるお勢の悪女ぶりにも“らしさ”が漂う。そのお勢を演じた黒木も良かった。片桐はいり、千葉雅子といった個性的であくの強い女優陣に囲まれ、普通で一見埋もれてしまいそうな立場が、逆に存在感を際立たせていた。

 ◇「お勢登場」福岡公演 3月1日午後7時、福岡市中央区の市民会館。S席7800円、A席6500円。スリーオクロック=092(732)1688。

=2017/02/23付 西日本新聞夕刊(娯楽面)=
Posted by 中 相作 - 2017.02.27,Mon
雑誌

チャチャヤング・ショートショート・マガジン 第4号

平成29・2017年3月1日 通巻6号 チャチャヤング・ショートショートの会
B6変型判 147ページ


ショートショート
 僕の天使
  和田宜久
 夏の時計
  和田宜久
 赤い羽根
  和田宜久
 雪だるま
  和田宜久
 夜のリズム
  大熊宏俊
 GT-Rの女
  雫石鉄也
 最後のモダニズム
  雫石鉄也
短篇
 女子会
  篁はるか
 ミツ子さんのお散歩
  深田亨
 ビブリオグラフィ
  岡本俊弥
中篇
 蝶ネクタイとハーモニカ
  服部誕

 チャチャヤング・ショートショート・オンライン:チャチャヤング・ショートショート・マガジン4号(通巻6号)(2017年2月16日)
Posted by 中 相作 - 2017.02.27,Mon
書籍

明智小五郎事件簿 X
 江戸川乱歩
 平成29・2017年2月25日第一刷 集英社 集英社文庫
 A6判 カバー 443ページ 本体760円
 カバーデザイン:高橋健二
 装画:喜多木ノ実

少年探偵団

1932年4月29日~5月26日
初出:少年倶楽部 昭和12年1月号(24巻1号/1937年1月1日)→12月号(24巻14号/12月1日)*11回連載(休載1回)
底本:江戸川乱歩全集第23巻(講談社/昭和54・1979年4月20日)

黒蜥蜴

1932年12月24日~1933年1月10日
初出:日の出 昭和9年1月号(3巻1号/1934年1月1日)→11月号(3巻11号/11月1日)*10回連載(休載1回)
底本:江戸川乱歩全集9(桃源社/昭和37・1962年2月25日)

明智小五郎年代記クロニクル 10
 平山雄一
乱歩と非東京
 有栖川有栖

 集英社BOOKNAVI:明智小五郎事件簿 10
 2016年5月27日:明智小五郎事件簿
Posted by 中 相作 - 2017.02.26,Sun

 おとといの24日金曜、史上初のプレミアムフライデーはいかがでしたか。

 私は夜、ちょっと飲みに出かけたのですが、名張のまちは暗く、冷たく、死に絶えたようにさびれきってました。

 きのうはいいお天気になりましたので、一部工事はつづいておりましたが、納屋にコミック雑誌を運び込んでみました。


 波打ってるものもありましたので、平積みにして並べてみました。


 で、引き受け先も見つからないままたらたら保管していても仕方ないから、単行本にならなかった漫画を掲載してある雑誌は別にして、順次処分してゆくことにしようと考えました。

 ヤフーオークションで売り払えばいいのではないか。

 それから、もういちいちコミック雑誌を買い求める必要はないのではないか、とも思いました。

 しかし、乱歩原作ないしは原案の漫画がいつどこに発表されたか、正確なデータを記録しておくことは必要でしょうし。

 ことほどさように、悩みはつきません。

 納屋だけに。
Posted by 中 相作 - 2017.02.26,Sun
ウェブニュース

@Press
 平成29・2017年2月23日 ソーシャルワイヤー

江戸川乱歩作品が融合・廻天百眼が舞台化! 没後50年作品としてザムザ阿佐谷で2月26日から上演
 Home > ブレスリリース一覧 > 記事

江戸川乱歩作品が融合・廻天百眼が舞台化! 没後50年作品としてザムザ阿佐谷で2月26日から上演

虚飾集団廻天百眼

2017.02.23 11:00

暗黒エンターテイメント劇団 虚飾集団廻天百眼(読み:きょしょくしゅうだんかいてんひゃくめ、統率:石井飛鳥、以下 廻天百眼)は、江戸川乱歩没後50年作品として、『黒蜥蜴』『陰獣』『パノラマ島綺譚』などの江戸川乱歩作品を融合した舞台『悦楽乱歩遊戯』を2017年2月26日(日)から3月5日(日)にかけて東京・ザムザ阿佐谷で上演いたします。



悦楽乱歩遊戯

イベントURL: http://www.kaitenhyakume.com/s17.php

■江戸川乱歩作品が融合 驚きの演出も!
『悦楽乱歩遊戯』は、数々の江戸川乱歩作品を融合した作品。退廃的な乱歩世界を描写しながら、登場人物達の狂気を描きます。また、『屋根裏の散歩者』のシーンでは実際に観客が覗き穴から観劇、蟲の手術シーンでは大量の血糊が噴出するなど、一言に舞台演劇という枠に収まり切らない演出となっています。

制作は丸尾末広の『少女椿』の舞台化や寺山修司の『奴婢訓』などの上演で「現代アングラ」の地位を築いてきた廻天百眼。金属、造形、液体、特殊メイクを大量に使った舞台装置と衣裳、オペラとプログレを掛け合わせたような音楽で、耽美で衝撃的な世界をつくりあげます。江戸川乱歩の蠱惑的な文学とのコラボレーションにご期待ください。

■15歳以下は45円!若者に嬉しい年齢割引が充実
チケットは一般 4,200円。若者に嬉しい年齢割引が充実しており、23歳以下は2,800円。さらに多くの若年層に“ライブ”という体験をしていただきたいという廻天百眼のポリシーにより、15歳以下は破格の45円で観劇することができます。一般及び23歳以下はイープラスと予約フォームから、15歳以下は予約フォームから受け付けております。
※価格は税込です

チケット総合ページ
http://100me.info/ranpo_t
イープラス
http://100me.info/ranpo_te
ご予約 悦楽乱歩遊戯
http://100me.info/ranpo_tg

■あらすじ
小山田静子は大江春泥を名乗る者から、姪の早苗を誘拐するという脅迫文を受け取る。だがそれは、春泥を騙った怪盗黒蜥蜴からの予告状であった。静子は探偵の明智小五郎に助けを求める。
静子に導かれるままに早苗の警護につく明智。だが、到着したのは奇怪なる海上庭園『パノラマ島』であった。そこには手足を失った芋虫の須永、女優の木下芙蓉に執着する柾木愛造、椅子に化けた人間、同じ顔の男になり変わっている源三郎らの怪人・犯罪者達が跳梁跋扈していた。忍び寄る黒蜥蜴、だが明智は、そこに大江春泥の痕跡を発見する。

【出演】
役名「登場作品」       :キャスト名(所属)
小山田静子「陰獣」      :紅日毬子(廻天百眼)
明智小五郎「黒蜥蜴」     :桜井咲黒(廻天百眼)
黒蜥蜴「黒蜥蜴」       :十三月紅夜(廻天百眼)
大江春泥「陰獣」       :こもだまり(昭和精吾事務所)
須永「芋虫」         :常川博行
小林芳雄「少年探偵団シリーズ」:早坂カラス(廻天百眼)
人見廣介「パノラマ島綺譚」  :丸山翔(Voyantroupe) 他

【原作】
江戸川乱歩

【スタッフ】
脚本/演出   :石井飛鳥
音楽監督/作曲 :西邑卓哲(FOXPILL CULT)
企画/制作   :虚飾集団廻天百眼

■開催概要
日時   : 2017年2月26日(日)~3月5日(日)
会場   : ザムザ阿佐谷
アクセス : 〒166-0001 東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
       JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩2分
       [詳細] http://www.laputa-jp.com/annai/index.html#3
参加費  : [一般]4,200円
       [R23] 2,800円 ※23歳以下限定の割り引きチケットです。
       [R15]  45円 ※15歳以下限定の割り引きチケットです。
       ※券種の詳細は、オフィシャルサイトをご覧ください。
定員   : 1,500名(全11ステージの合計定員数)
申込方法 : 廻天百眼オフィシャルサイト、
       又はイープラスから前売券を購入
公式サイト: http://www.kaitenhyakume.com/s17.php

■虚飾集団廻天百眼 概要
所在地  : 〒173-0004 東京都板橋区板橋2-39-7 ファーナ 地下1階
代表者  : 統率 石井飛鳥
設立   : 2005年6月
事業内容 : 舞台、映像、ライブ等のイベント、コンテンツの制作
URL   : http://www.kaitenhyakume.com
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCgKQYKSz6Gbif3YLLHSUDuA

【本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先】
虚飾集団廻天百眼
URL  : http://www.kaitenhyakume.com/s17.php
メール: http://www.kaitenhyakume.com/xxx/mobile/toiawase
Tel  : 090-2157-8811(制作部)

 

出演者



虚飾集団廻天百眼
Posted by 中 相作 - 2017.02.25,Sat
ウェブマガジン

やわらかスピリッツ
 平成29・ 2017年2月24日 小学館

パラフィリア 人間椅子奇譚
 佐藤まさき
 第13回〈第13話〉

 やわらかスピリッツ:パラフィリア~人間椅子奇譚~|第13話 - 2017/02/24更新
Posted by 中 相作 - 2017.02.24,Fri
雑誌

悲劇喜劇 3月号
 平成29・2017年3月1日 第70巻第2号 早川書房
 A5判 205ページ 1445円(本体1338円)

お勢登場
 倉持裕
 原作:江戸川乱歩
 p102─177

 早川書房:悲劇喜劇2017年3月号
Posted by 中 相作 - 2017.02.23,Thu

 世の中にはいろいろ諦めねばならぬことがあるものですが、キンドル本で脚註をつけるのはもう諦めました。

 手に負えません。

 手順としては、電子書籍用ファイルを書き出せるテキストエディタを使用してファイルを作成し、それをアマゾンが無償配布しているキンドルプレビューアというアプリで読み込む、ということになります。

 私はHagoromoというテキストエディタでePubという電子書籍用ファイルを書き出していて、このソフトには脚註を設定する機能もあるのですが、脚註をつけたePubファイルを書き出してもそれがキンドルプレビューアに反映されるわけではない、ということのようです。

 だから諦めました。

 というか、今後の課題といたします。

 ですから「二銭銅貨」のキンドル本は脚註なしでかますことになります。

 諦めるといえば、私はもう二十年ほども前から、いつか乱歩全集を編纂してみたいなと折にふれてうすらぼんやりと思っていたものでしたが、それもどうやら諦めることになりそうです。

 とはいえ、悔しいとか、無念だとか、死にたくなったとか、そういうことはまったくなくて、なんというか、ああ、これで楽になった、みたいな感じ。

 しかし、編纂してみたい、という気はむろんいまでもありますから、「二銭銅貨」一篇だけを素材に全集編纂気分を味わうことにいたしました。

 いたしました、というか、いつのまにかそういうことになってしまいました。

 テキストは「新青年」の初出を使用することに決めていたのですが、できるだけ初出のままを再現するべく、Hagoromoで仕上げた原稿のスクリーンショットはこんな感じになっております。


 青空文庫の「二銭銅貨」に手を加えたテキストです。

 青空文庫版「二銭銅貨」の氏素性はこんな感じ。

底本:江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者
出版社:光文社文庫、光文社
初版発行日:2004(平成16)年7月20日
入力に使用:2004(平成16)年7月20日初版1刷
校正に使用:2004(平成16)年7月20日初版1刷
底本の親本:江戸川乱歩全集 第一巻
出版社:平凡社
初版発行日:1931(昭和6)年6月

 冒頭はこんなんです。

「あの泥坊がうらやましい」二人の間にこんな言葉がかわされる程、其頃そのころ窮迫きゅうはくしていた。
 場末ばすえの貧弱な下駄屋の二階の、ただ一間しかない六畳に、一閑張りの破れ机を二つ並べて、松村武とこの私とが、変な空想ばかりたくましゅうして、ゴロゴロしていた頃のお話である。
 もう何もかも行詰ってしまって、動きの取れなかった二人は、丁度その頃世間を騒がせた大泥坊の、巧みなやり口を羨む様な、さもしい心持こころもちになっていた。
 その泥坊事件というのが、このお話の本筋に大関係を持っているので、ここにザッとそれをお話して置くことにする。
 芝区のさる大きな電気工場の職工給料日当日の出来事であった。十数名の賃銀計算係が、一万に近い職工のタイム・カードから、夫々それぞれ一ヶ月の賃銀を計算して、山と積まれた給料袋の中へ、当日銀行から引出された、一番の支那鞄に一杯もあろうという、二十円、十円、五円などの紙幣さつを汗だくになって詰込んでいる最中に、事務所の玄関へ一人の紳士が訪れた。

 これを旧仮名遣いにし、総ルビにし、しかも漢字はすべて旧字体にし、といいたいところですが、あいにくすべて旧字体というのは実現できませんので、なんとなくすべて旧字体みたいな雰囲気、ということでご勘弁いただきたいと思います。

 ちなみに新字体を旧字体に変換する作業は、このサイトを利用すれば一発です。

 ちょっと便利帳:新漢字(新字体) ⇔ 旧漢字(旧字体) 相互変換

 自分でいうのもあれですけど、かなりきちがいじみたキンドル本になるのではないかと期待されます。

 歩みは遅々としてますけど。
Posted by 中 相作 - 2017.02.23,Thu
雑誌

少年マガジンエッジ 3月号

平成29・2017年3月1日(2月17日発売) 第3巻第3号(通巻18号) 講談社
B5判 761ページ 650円(本体602円)


乱歩アナザー 明智小五郎狂詩曲
 薫原好江
 原作:江戸川乱歩
 第12回〈第3章 魔術師 II〉
 p415─450

 少年マガジンエッジ公式サイト:Home
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]