忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2018.06.13,Wed

 名張市内のコンビニは、店員さんがまだ日本人です。

 まだ、といってしまうと、いずれ日本人でなくなる日が来るかのような含みが生じてしまいますが、そんなことはよくわかりません。

 しかし、店員さんが日本人でなくなっても、都会のコンビニはとくに支障なく経営されていると伝えられます。

 店員さんの作業が徹底してマニュアル化されているから、多少の言葉の壁なんて屁でもない、ということでしょうか。

 拙宅から徒歩一分の場所に位置しながら今年3月一杯で撤退してしまったサークルKの跡地には近くセブンイレブンが進出することになり、現地には店長募集の看板も掲げられています。

 その新しいコンビニ、かりに店員さんが外国人になっても、心配することは何もないだろうな、と思います。

 心配なのは、お役所のみなさんです。

 ほんと、ニホンゴ、ワキャリマスカ? というか、オツム、ダイジョブデスカ? みたいな。

 この件です。

 2018年6月5日:投了は告げず水無月草を抜く

 再掲いたします。

 4月13日付ご回答にあった「日々の出版情報の中から乱歩関係資料となる書誌データを収集し、それを記録するためには、それなりの時間と労力を継続してかけていく必要があります。したがいまして、市立図書館の運営形態の現状の中でそういったことができるかどうかについて見極めてまいりたいと考えています」という文言には、現在の名張市立図書館に「日々の出版情報の中から乱歩関係資料となる書誌データを収集し、それを記録する」ことができていないという事実が記されていると理解されますが、この理解は誤りでしょうか。

 6月4日付「市長への手紙」に上の質問を記しましたところ、おとといこんなお答えをたまわりました。

中 相作 様

 市長への手紙をお寄せいただきありがとうございました。
 平成30年6月4日付でお尋ねのありましたことについて、以下のとおり回答させていただきます。

 乱歩関係書誌データの収集及び記録については、現在は実施しておりませんが、現状の運営形態の中で実施可能かどうか見極めてまいりたいと考えています。

 平成30年6月11日
 名張市長 亀井利克

 なんかもう、はっきりと、名張市立図書館は「乱歩関係書誌データの収集及び記録については、現在は実施しておりません」と名張市長によって明言されてしまったわけですけど、日本語がちゃんと通じていないみたいでとてもいらいらする、とおっしゃる向きもおありかと拝察いたします。

 その点この私などもうここ二十年あまり、お役人の小ずるい先送りだのその場しのぎのためのごまかしやはぐらかしだのに煮え湯を飲まされつづけてきておりますから、こんなお答えを頂戴しても淡々と再々質問の準備を進めるだけの話です。

 とはいうものの、再々質問の準備といったって、よりにもよって名張市長名義でここまで身も世もなく最近のネットスラングでいうならばご飯論法を展開された日にはあなた、さていったいどこからおちょくってやったらいいのかと迷ってしまうから困ってしまいます。
PR
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
17 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]