忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.08.12,Sat
書籍

乱歩アナザー 明智小五郎狂詩曲 3
 薫原好江
 原作:江戸川乱歩
 協力:平井憲太郎
 平成29・2017年7月── 講談社
 B6判 カバー ──ページ 本体650円

第3章 魔術師

初出:少年マガジンエッジ 平成27年2月号(3巻2号/2017年2月1日)→7月号(3巻7号/7月1日)


 講談社コミックプラス:乱歩アナザー -明智小五郎狂詩曲-(3)<完>
 NDL-OPAC:乱歩アナザー = RAMPO Another : 明智小五郎狂詩曲. 3
PR
Posted by 中 相作 - 2017.08.11,Fri
雑誌

探偵随想 第128号
 平成29・2017年8月25日 秋田稔
 B5判 12ページ

 
とりとめのない話
《余風》
Posted by 中 相作 - 2017.08.10,Thu

8月

演劇
朗読「東京」第五回
 平成29・2017年8月4日─8月6日
 東京芸術劇場シアターウエスト(東京都豊島区西池袋1-8-1)
Entry

演劇
二輪草 「孤島の鬼」より
 平成29・2017年8月9日─13日
 新宿ゴールデン街劇場(東京都新宿区歌舞伎町1-1-7)
Entry

演劇
冥府の箱
 平成29・2017年8月9日─13日
 シアターサンモール(東京都新宿区新宿1-19-10)
 HYBRID PROJECT Vol.15 RANPO chronicle
Entry

書籍
繁栄の昭和
 筒井康隆
 平成29・2017年8月10日第一刷 文藝春秋 文春文庫
Entry

電子書籍
青空文庫
 平成29・2017年8月10日
黄金豹
 江戸川乱歩
Entry

ウェブニュース
毎日新聞
 平成29・2017年8月10日 毎日新聞社
ひやわん|テーマ曲完成、ネット公開 ゆるキャラGP躍進へ 名張 /三重
 竹内之浩
Entry

ウェブニュース
毎日新聞
 平成29・2017年8月16日 毎日新聞社
鳥羽・江戸川乱歩館|「孤島の鬼」愛の言葉、パネルで 岩田準一への手紙の実物も /三重
 林一茂
Entry

ウェブニュース
映画.com
 平成29・2017年8月17日 エイガ・ドット・コム
石井輝男監督作「元禄女系図」「やくざ刑罰史」「恐怖奇形人間」が初DVD化!
Entry

ウェブニュース
週刊読書人ウェブ
 平成20・2017年8月21日 読書人
多面的な美輪明宏の魅力|反逆の精神に真骨頂がある
 高瀬毅
Entry

雑誌
探偵随想 第128号
 平成29・2017年8月25日 秋田稔
Entry
Posted by 中 相作 - 2017.08.10,Thu
演劇

朗読「東京」第五回
 平成29・2017年8月4日─8月6日
 東京芸術劇場シアターウエスト(東京都豊島区西池袋1-8-1)
 演出:長部聡介
 トーク聞き手:泉麻人

8月4日「目羅博士の不思議な犯罪」
 作:江戸川乱歩
 出演:手塚とおる、今井朋彦
8月5日「東京日記」
 作:内田百閒
 出演:志賀廣太郎、高田聖子
8月6日「たまらん坂」
 作:黒井千次
 出演:渡辺いっけい、中村まこと

 

 

 東京芸術劇場:朗読「東京」第五回
Posted by 中 相作 - 2017.08.08,Tue
催事

乱読夜話 石榴忌
 平成29・2017年7月29日
 古書からすうり(三重県名張市中町363)

乱歩生誕地碑の見学
 午後3時─3時30分
上田豊太さんが語る乱歩作品「石榴」
 午後3時30分─4時
座談会
 午後4時─6時

 


 facebook:古書からすうり
Posted by 中 相作 - 2017.08.07,Mon
催事

乱読夜話 乱歩、「陰獣」パノラマ読み
 平成29・2017年6月17日
 古書からすうり(三重県名張市中町363)

乱歩文学の極北「陰獣」
 上田豊太
 午後6時─6時20分
座談会
 午後6時20分─9時

 

 facebook:古書からすうり
Posted by 中 相作 - 2017.08.06,Sun
催事

乱読夜話 乱歩、裏読み・斜め読み
 平成29・2017年5月20日
 古書からすうり(三重県名張市中町363)

「恐怖王」を語る
 上田豊太
 午後6時─6時20分
座談会
 午後6時20分─9時

 

 facebook:古書からすうり
Posted by 中 相作 - 2017.08.05,Sat
書籍

帝都復興の時代 関東大震災以後
 筒井清忠
 平成29・2017年6月25日初版 中央公論新社 中公文庫
 A6判 カバー 268ページ 本体860円
 初刊・旧版:平成23・2011年11月 中央公論新社

(3)『痴人の愛』と『屋根裏の散歩者』──二つが描いたもの

第三章 「天譴論」から「享楽化」・「大衆化」へ 関東大震災後の社会意識の変化 > 4、一・二年後の「享楽化」「頽廃化」> 184─199


 中央公論新社:帝都復興の時代 関東大震災以後
 NDL-OPAC:帝都復興の時代 : 関東大震災以後
Posted by 中 相作 - 2017.08.05,Sat
電子書籍

盲獣 4
 久木田高明
 原案:江戸川乱歩
 平成29・2017年── グループ・ゼロ

 グループゼロオフィシャルサイト:Home
 music.jp:盲獣(4)
Posted by 中 相作 - 2017.08.04,Fri
ウェブニュース

チケットぴあ
 平成29・2017年7月31日

是が非でも出たい!」と訴えたルヴォーの演出作に挑む幸せ
 高橋晴代
 Home > ニュース > 演劇 > 記事

是が非でも出たい!」と訴えたルヴォーの演出作に挑む幸せ
2017/7/31 16:56配信



井上芳雄 撮影:森好弘

原作・江戸川乱歩、脚本・三島由紀夫の『黒蜥蜴』。美輪明宏の映画や舞台はもとより、何度も上演されてきた名作だ。“美”に執着する女盗賊・黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎が繰り広げるスリリングな勝負の中、ふたりの惹かれあう想いと共に繰り広げる耽美と闇の世界の物語。今回の演出はデヴィッド・ルヴォー。歌舞伎と三島由紀夫を敬愛し、初来日から30年を経た彼が、長年夢に描いてきた演出プランでついにその舞台を実現させる。

出演は、黒蜥蜴に中谷美紀、明智小五郎に井上芳雄ほか実力派が出演。井上は2012年に上演された『ルドルフ・ザ・ラストキス』でルヴォーと出会って以来、その演出に魅了され、再度やりたいと言い続けてきた。今回の機会を知り、過密なスケジュールの中で「是が非でも出たい!」と事務所に訴え、出演を叶えた。7月、ミュージカル『グレート・ギャツビー』の主演で来阪中の井上が、その熱い想いと作品への魅力を語った。

「ルヴォーは大好きな演出家です。『ルドルフ・ザ・ラストキス』でしかご一緒していないんですけど、その印象が強烈で。日本だと、演出家の要求するところに自分を高めていくというイメージですが、彼は気づいたらそこに連れて行ってくれるような、まるで魔法をかけられてるような感じの導き方なんです」。井上の語り口に、いつもとは違う熱さがこもる。「どんな作品のどんな役でも一緒にやりたいと思って来て、それが今回形になって、ほんとにうれしいです」。明智小五郎は「ハードボイルドな役」とルヴォー。井上は「ハードボイルドには疎くて。どういう方向かまだ分からないけど、喜んでそこに飛び込みたい」。

『黒蜥蜴』は、1968年公開の美輪明宏(当時は丸山明宏)主演の映画を見て、戯曲も読んだ。「映画を見て、日本であって日本でないようなにおいがあるなと。すごく屈折したラブ・ストーリーだと思う。黒蜥蜴も明智小五郎も、美しさを純粋すぎるほどに追い求めている人たち。だから惹かれ合うのは必然だけど、立場が真逆で結ばれない。だからこそとても悲しいし、だからこそ美しい。魅力的な作品ですね」。初めての三島作品は「確かに日本語が美しい。セリフなのか詩なのか、リアルだけじゃないところに惹かれますね、とても演劇的でもあるし。でも、ルヴォーは誰にも負けないぐらい三島作品が好きで詳しいから、教えてもらおうと思っています。ものすごく楽しみです」。

井上にとって、この舞台は超特別なのだ。「全作品、同じ熱量で一生懸命やっています。でもこれは、何年かに1度、ごくたまにあるご褒美みたいな作品。ひと公演5000円ずつ払えって言われても出るかなというぐらい(笑)。他の作品には申し訳ないけど、もうほんとに、ご褒美を一生懸命楽しませてもらいます!」。

公演は、2018年1月9日(火)から28日(日)まで東京・日生劇場、2月1日(木)から5日(月)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて。チケットは9月30日(土)10時より発売。一般発売に先駆け、8月3日(木)11時まで最速抽選先行(いち早プレリザーブ)を受付中。

取材・文:高橋晴代
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]