忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.12.02,Sat
新聞

伊勢新聞
 平成29・2017年11月19日 伊勢新聞社

江戸川乱歩の女
 小松史生子
 連載第4回〈黒蜥蜴という女(一)〉
 4面《三重の文化》

 伊勢新聞:Home
PR
Posted by 中 相作 - 2017.12.01,Fri
ウェブニュース

朝日新聞デジタル
 平成29・2017年11月23日 朝日新聞社

惹かれてはいけない2人が…中谷美紀「黒蜥蜴」の狂気
 岡田慶子
 Home > 記事

惹かれてはいけない2人が…中谷美紀「黒蜥蜴」の狂気

岡田慶子 2017年11月23日08時09分



中谷美紀さん=滝沢美穂子撮影

 「この世の美しいものという美しいものを、すっかり集めてみたいの」。耽美(たんび)な価値観とグロテスクな狂気に駆られた女盗賊「黒蜥蜴(とかげ)」を演じる。江戸川乱歩の長編小説を三島由紀夫が戯曲化。「美的恐怖恋愛劇」と呼ばれる作品だ。

 腕にトカゲの入れ墨をした黒蜥蜴は、絶世の美貌(びぼう)のもち主。「ときに命を危険にさらしても美を追究する。自分が人間らしい心を持っていると気づかず、心が揺らがないことを幸せだと考えて生きてきた人」

 彼女を追うのは、名探偵の明智小五郎(井上芳雄)だ。犯罪に魅せられた黒蜥蜴を理解するただ1人の存在である。「惹(ひ)かれてはいけない2人が同じエネルギーで互いに惹かれ合い、同じエネルギーでだまし合う究極のラブストーリー。引っ張り合って相反し合ってっていう、ものすごい力、強さを表現できたら」と語る。

 舞台は2011年から4作目。…

残り:482文字/全文:848文字
Posted by 中 相作 - 2017.12.01,Fri
新聞

伊勢新聞
 平成29・2017年11月12日 伊勢新聞社

江戸川乱歩の女
 小松史生子
 連載第3回〈明智文代という女(三)〉
 4面《三重の文化》

 伊勢新聞:Home
Posted by 中 相作 - 2017.11.30,Thu
書籍

夢現 日本推理作家協会70周年アンソロジー

阿刀田高、生島治郎、江戸川乱歩、逢坂剛、大沢在昌、北方謙三、今野敏、佐野洋、島田一男、中島河太郎、東野圭吾、松本清張、三好徹、山村正夫
編:日本推理作家協会
監修:山前譲
平成29・2017年10月25日第一刷 集英社 集英社文庫
A6判 カバー 468ページ 本体800円


防空壕
 江戸川乱歩
 p13─35
 初出:文藝 昭和30年7月号(12巻9号/1955年7月1日)
 底本:江戸川乱歩全集第19巻(光文社/2004年9月)

 集英社BOOKNAVI:夢現
 NDL-OPAC:夢現 : 日本推理作家協会70周年アンソロジー
Posted by 中 相作 - 2017.11.30,Thu
新聞

伊勢新聞
 平成29・2017年11月5日 伊勢新聞社

江戸川乱歩の女
 小松史生子
 連載第2回〈明智文代という女(二)〉
 5面《三重の文化》

 伊勢新聞:Home
Posted by 中 相作 - 2017.11.29,Wed
新聞

伊勢新聞
 平成29・2017年10月29日 伊勢新聞社

江戸川乱歩の女
 小松史生子
 連載第1回〈明智文代という女(一)〉
 4面《三重の文化》

 伊勢新聞:Home
Posted by 中 相作 - 2017.11.28,Tue
ウェブニュース

トラベルニュースat
 平成29・2017年11月2日 トラベルニュース社

江戸川乱歩原作のお芝居
 松坂健
 Home > トラベルニュースat本紙 > コラム > 観客力一本勝負

江戸川乱歩原作のお芝居

17/11/02

コラム:観客力一本勝負

僕のようにサブカルチャー的演劇もなるべく見に行こうという人を集合Aとする。

また江戸川乱歩の世界をこよなく愛する人が集合B。

それで、二つの集合がダブるAかつBの部分、ここに身を置くものには、やや辛いのがこの1、2年のこと。なにしろ乱歩の原作をモチーフにした演劇やパフォーマンスの多いこと。付き合っていたら、小遣いがなくなっちゃう。

今年だけでも『孤島の鬼』あり『恐怖王』あり、『芋虫』ありで枚挙に暇がない。

メジャー系でも、黒木華が主演した『お勢登場』などは、なかなかの傑作だった。それに2018年新春早々には中谷美紀の緑川夫人、井上芳雄の明智で大作の『黒蜥蜴』(三島由紀夫脚色)が待っている。

乱歩さんの世界は、倒錯していて、グロテスクへの傾き、ほのかな男色趣味、名探偵登場の華やかさなどがあって、いかにも舞台的だ…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2017年10月25日号)
Posted by 中 相作 - 2017.11.27,Mon
書籍

必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。
 ドリヤス工場
 編:中川敦
 平成29・2017年9月13日初版第一刷 リイド社
 B6判 カバー 280ページ 本体850円
 附録:ゆるゆるすぎる読書案内(A4判1枚) 
 初出連載:トーチweb 平成28・2016年8月─平成29・2017年7月

D坂の殺人事件
 p211─220
江戸川乱歩
 p221

 リイド社:必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。
 NDL-OPAC:必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。 = Translating required literary works into about 10 pages
Posted by 中 相作 - 2017.11.26,Sun

 こんなん出ました。

 Amazon.co.jp:チャチャヤング・ショートショート・マガジン5号(通巻7号) Kindle版

 紙媒体版はこちら。

 2017年11月18日:チャチャヤング・ショートショート・マガジン 第5号

 私はさっそく百十円出してキンドルペーパーホワイトにダウンロードしたんですけど、無料キャンペーンがあるとのことで、12月1日午後5時から5日午後4時59分までのキャンペーン期間中は無料でダウンロードしていただけます。

 キンドルペーパーホワイトに江戸川乱歩電子全集以外の有償キンドル本をダウンロードしたのはこれが初めてだ、と思っていたら、そうではなくて、『坊っちゃんの時代』と『涙香、「新青年」、乱歩』もお金を出してダウンロードしておりました。

 電子書籍というのは記憶や印象に残りにくいという感じがするんですけど、その江戸川乱歩電子全集、11月24日にこれが配信されました。

 小学館:江戸川乱歩 電子全集17 随筆・評論第2集

 携帯に至便な電子書籍もいいんですけど、この全集の随筆と評論の巻、やはりきっちり編集した紙の本でも読みたいものです。
Posted by 中 相作 - 2017.11.26,Sun
雑誌

京都大学國文學論叢 第38号
 平成29・2017年9月30日 京都大学大学院文学研究科国語学国文学研究室
 A5判 111ページ

江戸川乱歩「孤島の鬼」における父子関係
 宮本和歌子
 p37─51

 京都大学リポジトリ:京都大学國文學論叢 > 38号 > 江戸川乱歩「孤島の鬼」における父子関係
 NDL-OPAC:江戸川乱歩「孤島の鬼」における父子関係
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]