忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.04.22,Sat
ウェブニュース

中日新聞 CHUNICHI Web
 平成29・2017年4月20日 中日新聞社

生誕地・名張で乱歩語る座談会 22日、「古書からすうり」
 帯田祥尚
 Home > 三重 > 4月20日の記事一覧 > 記事

生誕地・名張で乱歩語る座談会 22日、「古書からすうり」



1月に開いた古書店で本の魅力を語り合う座談会を企画する中田俊昭さん(右)と妻茂美さん=名張市中町で

 名張市が生んだ作家江戸川乱歩(一八九四~一九六五年)について語り合う座談会が二十二日、地元の古書店で開かれる。企画したのは、乱歩生誕の地から東に五百メートルほど歩いた中町商店街にある「古書からすうり」の店主中田俊昭さん(41)。「乱歩に興味を持ち始めた人から長年の愛読者までが気軽に語り合える会にしたい」と話す。

 江戸川乱歩といえば、代表作「怪人二十面相」をはじめ、神出鬼没の怪盗と名探偵明智小五郎が対決する推理小説が有名。作風は幅広く、戦争で手足を失った夫と妻の愛憎を描いた「芋虫」など、人間の内面を鋭く見つめた作品ものこした。

 座談会は参加費五百円で午後六時開始。市内の乱歩研究家上田豊太さん(46)が「乱歩と怪談」と題し、海外のホラー小説が乱歩作品に与えた影響を解説する。上田さんによると、乱歩は創作の傍ら、英米のホラー小説を国内に紹介する評論家でもあった。取り上げた作品の恐怖の描写が、後の乱歩作品に生かされたと指摘する。



文学を中心に本が並ぶ店内。奥に喫茶スペースがある=名張市中町で

 解説後は午後九時まで、参加者がそれぞれの感想や作品に対する思い入れを語り合う。

 名張市内では珍しい古書店を中田さんが開店したのは一月。昨年末まで勤めていた県上野森林公園(伊賀市)を退職し、妻茂美さんと築百三十年の町家を改修した。木のぬくもりを感じる店内に七千冊の蔵書の一部が並ぶ。来店客にくつろいでもらうため、店の奥には十四席の喫茶スペースを設けた。調理師の資格を持つ茂美さんが腕をふるう飲食メニューをそろえ、夫婦で切り盛りする。



 「本を通じて、見ず知らずの人と意気投合する瞬間がいい」。五、六年前に古書市に出店した際、客や他の出店者との作品談議に花が咲いたことをきっかけに自ら店を構える決心をした中田さん。座談会開催は、店を交流の場にしてほしいという思いから。茂美さんも「映画や展覧会を見た後もそうだけど、本を読んだら誰かと感想を語り合いたいじゃない」と背中を押した。

 座談会は作家やテーマを変えて五月以降も毎月続ける。店の居酒屋メニューも別料金で注文できる。(問)古書からすうり=0595(41)1578

 (帯田祥尚)
PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
25 26 27 28 29
30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]