忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2011.05.11,Wed

ウェブニュース

 

MSN産経ニュース

 平成23・2011年5月8日 産経新聞社、産経デジタル

 

東京・池袋 江戸川乱歩「怪人二十面相」 世情伝える作品を生み出した邸宅

 Home > ライフ > 暮らし・トレンド > 記事

 

…………………………………………………………………………………

 

【珠玉作の舞台を訪ねて】

 

東京・池袋 江戸川乱歩「怪人二十面相」 世情伝える作品を生み出した邸宅

 

2011.5.8 12:00

 

■20110511a.jpg

 

東京都豊島区西池袋にある江戸川乱歩邸

 

 怪人二十面相は、大豆ほどもある虹色の宝石を予告して奪った。追いつめる明智小五郎探偵と助手、小林芳雄少年。「じゃまっけな小僧ども」はひるまず飛びかかる。逮捕後、明智は両手を広げ、駆け出てきた小林を抱きしめた。「うらやましいほど親密な先生と弟子」の「美しい、ほこらしい光景」だった。

 

 児童向け読み物の金字塔、少年探偵シリーズを生んだ江戸川乱歩の邸宅は、東京・池袋駅から西へ600メートル、立教大学の先にある。大正、昭和初期に46回の転居を経て定住。昭和40年、71歳で亡くなるまで31年間、数々の作品を生み出した洋館は毎週金曜に公開、乱歩が「幻影城」と呼んだ土蔵は特別公開される。

 

 乱歩邸の西側、同区千早は妻がありながら別の女性を愛し「欲情の形式が一変したほど」深く結ばれた男の物語「十字路」に登場する。

 

 妻を溺愛した男も描くなど、正義だけでなく、男女の機微、戦災孤児、復員兵といった世情も伝える乱歩ワールド。だが、今も子供たちの入り口は「二十面相」だ。

 

【作品名】江戸川乱歩「怪人二十面相」(ポプラ社)

 

【場所】東京都豊島区西池袋

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]