忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2011.12.18,Sun

ウェブニュース

 

神戸新聞

 平成23・2011年12月16日 神戸新聞社

 

谷崎潤一郎と探偵小説テーマ 芦屋で特別展

 田中真治

 Home > 阪神・北摂 > 記事

 

…………………………………………………………………………………

 

谷崎潤一郎と探偵小説テーマ 芦屋で特別展

 

20111218a.jpg

 

谷崎潤一郎らの直筆原稿や遺品などが並ぶ会場=芦屋市谷崎潤一郎記念館

 

 戦前に神戸・阪神間で暮らした文豪谷崎潤一郎と探偵小説をテーマにした特別展「妖しの世界への誘い」が、芦屋市伊勢町、谷崎潤一郎記念館で開かれている。谷崎と、探偵小説界をリードした江戸川乱歩、横溝正史との関わりなど、約100点の資料を展示している。25日まで。

 

 谷崎は「細雪」など文芸大作のイメージが強いが、大正期には探偵小説を数多く執筆した。美の楽園を作ろうとする男が主人公の「金色の死」や、妻殺しの“完全犯罪”を論理的に暴く「途上」などは、乱歩、横溝を魅了し、作品にも影響を与えているという。

 

 3人の著作や直筆原稿のほか、乱歩旧蔵の谷崎直筆の掛け軸、横溝に小説「真珠郎」の題字執筆を依頼された谷崎の手紙などが並ぶ。

 

 谷崎ファンの男性(75)=伊丹市=は「学生時代に愛読した作品を読み返したくなった」と話していた。

 

 月曜休館。一般300円。高校・大学生200円。同館TEL0797・23・5852

 

(田中真治)

 

(2011/12/16 09:15)

PR
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
26 27 28 29 30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]