忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2015.02.04,Wed
ウェブニュース

YOMIURI ONLINE
 平成27・2015年2月1日 読売新聞社

池袋で江戸川乱歩展 地元とのかかわり紹介
 Home > 地域 > 東京23区 > 記事

池袋で江戸川乱歩展 地元とのかかわり紹介

2015年02月01日



江戸川乱歩の様子を伝えるパネルと愛用品などが展示されている

 没後50年となる作家・江戸川乱歩(1894~1965年)と池袋とのかかわりを資料や写真で紹介する「江戸川乱歩展~乱歩が池袋に残したもの~」が31日、東京メトロ池袋駅の「Echika池袋ギャラリー」で始まった。

 乱歩は40回以上引っ越しを繰り返した後、池袋に住み、1934年から70歳で亡くなるまでの約30年間暮らした。地元の町会副会長も務めた。

 ギャラリーでは、勤労奉仕で慰問袋を縫ったり、近所の書店で雑誌を手に取ったり自宅テラスで孫を隣に座らせて本を広げたりする乱歩の写真を展示し、地元との関わりをパネルで解説している。乱歩が記録した町会の配給記録(44年)、ステッキや帽子など愛用品も並ぶ。

 写真を提供した乱歩の孫の平井憲太郎さん(64)は「(乱歩は)雑誌編集などの仕事で忙しく、たくさんの人が出入りしてにぎやかだった。私はお客に出す菓子を買いに、近所にお使いに行っていた」と振り返る。

 同展を主催するとしま未来文化財団は、「あまり知られてこなかった市井の人としての人物像を感じてもらえれば」と話している。2月26日まで。

2015年02月01日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]