忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2011.02.09,Wed
ウェブニュース
 
asahi.com
 平成23・2011年2月6日 朝日新聞社
 
はつらつ俳優デビュー
 Home > マイタウン > 山梨 > 記事
 
…………………………………………………………………………………
 
 
2011年02月06日
 
20110209a.jpeg
 
「この映画から、自分がどのように成長していくかが、楽しみ」という宮岡由加菜さん=中央市
 
   ■甲府湯田高校2年・宮岡由加菜さん
 
 昨秋公開の映画「ある夜のできごと」に出演し、俳優デビューを飾った。約2千人が応募した公開オーディションで役を射止めた。
 
 映画は東京と山梨が舞台。大月市などで撮影され、主人公らが通った母校の中学生をはつらつと演じた。監督からは「安定した演技で、物おじしなかった」と評価された。ただし、必ずしも満足していない。「見返すと『こうしたら良かった』と思うこともあります」。既にプロ意識がある。
 
 3歳から俳優を志し、舞台や銀幕で輝く自分の姿を夢描いてきた。中学生からは、レッスンのため都心にまで通っている。毎回違った台本を渡され、すぐに役柄を理解して演じる。決して簡単ではないが、別の人物になりきる面白さを実感している。のんびり屋でおとなしい性格だが、母親の宏実さん(43)は「レッスンを受けると顔つきが変わる」と驚く。
 
 地元・中央市などで昨年暮れから2度、「ある夜……」のチャリティー上映会を開いた。心臓移植のため渡米した中込空(そら)さん(20)=南アルプス市=を支援するためだ。「心理学を学んで、人の役に立ちたい」という中込さんの思いを知り、「ちょうど自分たちは、あらゆることに挑戦したい時期。元気になって、かなえてほしい」と思い立った。自分が家族など周りから応援されているように、これからも協力を呼びかけていく。
 
 学校の勉強は理数科目の方が強く、以前は活字が苦手だった。しかし高校生になって江戸川乱歩の作品「人間椅子」にはまった。何度も読み返し、本がぼろぼろになった。それをきっかけに、湊かなえらのミステリーから太宰治や芥川龍之介などの定番にも手を広げる。登場人物の心理を考えながら読み進めることが、演技の勉強に役立っている。
 
 あこがれの俳優は室井滋さん。「室井さんのように、幅広く活躍できる女優になりたい」。犯人など、ふだんの自分ではあり得ない役に挑みたいという。「将来、他の仕事をしているイメージがわかないんです」。そう言うと、ひときわ目が輝いた。
 
 初出演作は甲府、東京、大阪に続き、今月、札幌で公開される。
(岩城興)
PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
28 29 30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]