忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2012.10.30,Tue

書籍

 

大下宇陀児探偵小説選 II 論創ミステリ叢書53

 大下宇陀児

 平成24・2012年7月10日初版第一刷 論創社

 A5変型判 カバー 376ページ 本体3600円

 

関連箇所

探偵小説の目やす

 評論・随筆篇 > p343ー344

 初出:宝石 昭和22・1947年4月号(第2巻第3号)

解題

 横井司

 p362ー376

 

…………………………………………………………………………………

 

探偵小説の目やす

 

 探偵小説の本質論が、にぎやかであり、真剣だ。

 たいへん結構だが、私は私なりに物を言ってみたい。議論べたで、思うがままを書き流すが、何より私は作家たちが、むろんこの私も含めての話で、探偵小説の芸術的昂揚を心がける、というだけのことで、すべてハッキリすると思う。文学的昂揚というような言葉を、芸術的昂揚という言葉で置きかえてみると、話がわかりやすい。

 

…………………………………………………………………………………

 

解題

 

横井司  

 

 1

 

 従来の大下作品に対する評価は、おおむね江戸川乱歩の「日本の探偵小説」(『日本探偵小説傑作集』春秋社、一九三五・九)を起点としたものである。そこで乱歩は大下を文学派の内の情操派として位置づけ、次のように論じている。

 

…………………………………………………………………………………

 

 Amazon.co.jp:大下宇陀児探偵小説選〈2〉 (論創ミステリ叢書)

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]