忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2012.09.17,Mon

ウェブニュース

 

ORICON STYLE

 平成24・2012年9月13日 オリコン

 

生田斗真、江口洋介と不眠不休“27時間”過酷ロケ「死ぬかと思った」

 Home > ニュース > 記事

 

…………………………………………………………………………………

 

生田斗真、江口洋介と不眠不休“27時間”過酷ロケ「死ぬかと思った」

 

20120917a.jpg

 

映画『脳男』で生田斗真と共演した江口洋介 (C)ORICON DD inc.

 

20120917b.jpg

 

精神鑑定を行う脳神経外科医・真梨子役の松雪泰子 (C)ORICON DD inc.

 

 俳優の生田斗真、江口洋介らが13日、都内で行われた映画『脳男』制作報告会見に出席した。感情を持たない殺人鬼“脳男”こと鈴木一郎を演じた生田は、役作りのため撮影の半年前から武術稽古に励みアクションシーンに挑戦。終盤に繰り広げられる江口との格闘シーンでは、休憩・睡眠なしの“27時間撮影”を敢行したといい、生田は「死ぬかと思いました。体と体のぶつかり合いで、愛情をぶつけあってました」と苦笑交じりに振り返った。

 

 法から逃れ裁かれない悪人を次々と殺していくダークヒーローを演じた生田は、役の“重み”で撮影の1ヶ月前に引きこもりになったことを明かし「ご飯もささみや野菜だけでお酒も飲まず。誰にも会いたくないやという気分だったんですが、それで脳男に近づけた部分もあった」。キャリア初の殺人鬼役で「命を懸けて魂を乗せました。日本の映画界にとっても、僕の俳優人生にとっても何か変わるきっかけになれば」と手応えをにじませた。

 

 脳男が絡んだ事件を追う茶屋刑事を演じた江口は「アクションや痛い暴力シーン、あらゆるものが詰まってる。今までの日本映画にない、『セブン』や『羊たちの沈黙』のようなエッジの効いたサスペンスです」と会心の笑み。精神鑑定を行う脳神経外科医・真梨子役の松雪泰子も「苦しい撮影で、ずっと重い鎧を着て低空飛行で耐えながらの撮影でした。そのぶんクリエイティブで、きっと命が吹き込まれていると思います」と語った。

 

 原作は作家・首藤瓜於氏の小説で、2000年に出版され江戸川乱歩賞を受賞した傑作ミステリー。会見にはほかに二階堂ふみ、太田莉菜、瀧本智行監督が出席。映画『脳男』は2013年2月9日(土)公開。

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
25 26 27 28
29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]