忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2012.06.21,Thu

書籍

 

小川洋子の偏愛短篇箱

 編:小川洋子

 平成24・2012年6月20日初版 河出書房新社 河出文庫

 A6判 カバー 348ページ 本体840円

 初刊・旧版:2009年3月30日 河出書房新社

 

関連箇所

押絵と旅する男

 江戸川乱歩

 初出:新青年 昭和4年6月増大号

 〈奇〉> p31-60

押絵と機関車トーマス

 小川洋子

 〈奇〉> p61-62

 

…………………………………………………………………………………

 

押絵と旅する男

 

江戸川乱歩  

 

 この話が私の夢か私の一時的狂気の幻でなかったならば、あの押絵と旅をしていた男こそ狂人であったに相違ない。だが、夢が時として、どこかこの世界と喰違った別の世界を、チラリと覗かせてくれる様に、又狂人が、我々の全く感じ得ぬ物事を見たり聞いたりすると同じに、これは私が、不可思議な大気のレンズ仕掛けを通して、一刹那、この世の視野の外にある、別の世界の一隅を、ふと隙見したのであったかも知れない。

 

…………………………………………………………………………………

 

押絵と機関車トーマス

 

小川洋子  

 

 乗り物が大好きなのに、息子は『機関車トーマス』を怖がった。ソドー島のソドー鉄道で活躍する機関車たちのお話である。テレビにトーマスが映り、目玉をキョロッと動かすだけで、「ママ、テレビ消して」と泣きながら叫んだ。

 

…………………………………………………………………………………

 

 ▼河出書房新社:小川洋子の偏愛短篇箱

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
23 24 25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]