忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2012.02.10,Fri

ウェブニュース

 

毎日jp

 平成24・2012年2月6日 毎日新聞社

 

狂言:乱歩原作、名張市が制作・上演 東京・豊島、宮城・塩釜でも 「夏能」休み事業費で /三重

 花牟礼紀仁

 Home > 地域ニュース > 三重 > 記事

 

…………………………………………………………………………………

 

狂言:乱歩原作、名張市が制作・上演 東京・豊島、宮城・塩釜でも 「夏能」休み事業費で /三重

 

 ◇笑いで震災復興応援--幻想小説「押絵と旅する男」

 

 名張市は9月、名張生まれの探偵作家、江戸川乱歩原作の狂言を制作・上演する。同市の働きかけで、交流都市協定を結ぶ東京都豊島区が上演するほか、東日本大震災後の支援で、職員を派遣して交流が生まれた宮城県塩釜市も、上演に向け準備を進めている。名張市の担当者は「狂言は笑いの芸。被災地の心の復興でも、お手伝いがしたい」としている。【花牟礼紀仁】

 

 名張市は新年度当初予算案に、制作費を含め550万円を計上する。恒例の「名張夏能」を今年は休止し、その事業費を活用。豊島区と塩釜市はそれぞれの上演費用を負担する。

 

 原作は「押絵と旅する男」(1929年)。「押し絵の女に恋した男」を巡る幻想的な小説で、乱歩の代表作に位置づけられる。04年にも新作狂言として名張で上演しているが、今回は脚本を一新。セリフにそれぞれ上演場所の言葉を織り交ぜ、ユーモアあふれる作品に仕立てる。出演は、04年にも演じた大蔵流狂言師、茂山七五三(しめ)さんと一門の狂言師。

 

 名張市は震災後の約半年間、塩釜市に職員を派遣。避難所運営などを支援した。塩釜市教委によると、上演場所となる市民交流センターでのイベント開催状況は、震災前の水準を回復しているという。担当者は「震災が縁で、他自治体からこうした申し出を受けたのは初めて。今後も一緒にできる企画があれば実現したい」。同市は、今秋の上演を計画している。

 

 豊島区は乱歩終焉の地。今年の区制80年を記念し12月、区立舞台芸術交流センターで上演する。3年前の名張市制55年の際、同区が制作に関わった演劇「池袋わが町」を名張で上演しており、今回は返礼の意味もある。

 

 名張市教委は「乱歩の作品世界を通じて、東京や東北の人に名張の文化を知ってもらいたい」と言う。上演は9月1日、同市松崎町のADSホールで。

 

〔伊賀版〕

 

毎日新聞 2012年2月6日 地方版

PR
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]