忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2017.06.25,Sun
ウェブニュース

朝日新聞デジタル
 平成29・2017年6月22日 朝日新聞社

乱歩、恥じらいの生前整理? 同性愛研究など焼却か
 荻野好弘
 Home > 記事

乱歩、恥じらいの生前整理? 同性愛研究など焼却か

2017年6月22日07時53分



江戸川乱歩が1940年に本名・平井太郎名で出した手紙=岩田準子さん所有

 作家の江戸川乱歩(1894~1965)が、妻や親交のあった人への手紙を大量に焼いていたことがわかった。友人だった三重県鳥羽市の風俗研究家岩田準一(1900~45)に宛てた40年の手紙2通にそうした記述があった。乱歩はこの時期に心臓を患っており、「生前整理」だったとみられる。

 岩田の孫で、乱歩を研究する鳥羽市の文筆家岩田準子さん(49)が19日発表した。自宅に乱歩の書簡類87通が残っており、東京の自宅から岩田に送った手紙を調べるうちに記述を見つけた。

 「青年時代よりのいろいろの相手の手紙(主として議論の)夥(おびただ)しく保存しあり、これらも次に整理して行かうと思ひます。家内との文通が巻物にして保存してあるのですが、これも子供に見られたら恥しく、焼却します」(10月8日付)

 「この用心は、この頃の不健康から万一の場合をおそれてですが、若(も)し僕にインテリの息子がなかったら、これほど用心しなかったかも知れません」(同)

 乱歩は作家デビュー前の17年から1年余、鳥羽に滞在。後に妻となる隆(りゅう)や、岩田と出会った。

 岩田とは後年、同性愛の文献を研究し、書簡で互いに紹介していたという。10月25日付の手紙には、岩田から返されたとみられる手紙を含め、二尺(約60センチ)の厚みの束を焼いた、との記述がある。準子さんは「同性愛の研究について、世間に好奇の目で見られ、息子の将来に影響するといけないと思ったのかもしれない」とみる。

 鳥羽市では、乱歩が隆にあてた手紙にあったとされる「志摩はよし/鳥羽はなおよし/白百合の/真珠がごとき/君のすむ島」との一文にちなんで、市民グループが昨年、恋文を募集した。ただ、手紙自体は見つかっていない。準子さんは「この手紙も焼却されてしまった可能性がある」と話す。(荻野好弘)
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
24 25 26 27 28 29
30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]