忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2014.10.15,Wed
ウェブニュース

毎日新聞
 平成26・2014年10月12日 毎日新聞社

隠街道市:「ひやわん」名張の魅力発信 乱歩生誕120年イベントも きょうまで /三重
 行方一男
 Home > 地域 > 三重 > 記事

隠街道市:「ひやわん」名張の魅力発信 乱歩生誕120年イベントも きょうまで /三重

 名張の魅力を発信する「第9回隠(なばり)街道市」が11日、旧市街地一帯で始まった。ご当地キャラクター「ひやわん」の着ぐるみのお披露目や、名張出身の探偵小説作家、江戸川乱歩にちなんだ催しなど各種イベントが繰り広げられ、市中心部はお祭りムードに包まれた。【行方一男】

 「ひやわん」は名張市出身で京都造形芸術大非常勤講師の宮原佑貴子さん=京都市=が考案。名張の方言...

gooニュース

<隠街道市>「ひやわん」名張の魅力発信 乱歩生誕120年イベントも きょうまで /三重

2014年10月12日(日)11:42

 名張の魅力を発信する「第9回隠(なばり)街道市」が11日、旧市街地一帯で始まった。ご当地キャラクター「ひやわん」の着ぐるみのお披露目や、名張出身の探偵小説作家、江戸川乱歩にちなんだ催しなど各種イベントが繰り広げられ、市中心部はお祭りムードに包まれた。【行方一男】

 「ひやわん」は名張市出身で京都造形芸術大非常勤講師の宮原佑貴子さん=京都市=が考案。名張の方言で「細い路地」を指す「ひやわい」と犬を組み合わせて名付けた。名張を愛する心を持った人だけが見える「伝説の犬」との設定で3月にデビューした。名張地区まちづくり推進協議会が「ひやわん」を活用して街の活性化を図ろうと着ぐるみを作った。

 お披露目式で、特設ステージに「ひやわん」が登場すると、市民から歓声が上がり、携帯カメラで撮影する人たちでにぎわった。

 乱歩生誕地碑広場では、乱歩の愛好家でつくる「乱歩蔵びらきの会」が見せ物小屋をイメージした「黒テント」を設営し、乱歩生誕120周年記念「乱歩黒テントの世界」を開催。スライド「名張の街の歩みと乱歩」の上映や毎日新聞三重版で乱歩作品のダイジェスト版の文と絵を担当している名張市のフリーライター、上田豊太さん(44)の挿絵パネル17点を展示している。

 また、乱歩作品「断崖」のスライドキネマもあり、場面をイメージした絵画をスクリーンに映し出し、上田さんと青木志保さん(34)の2人が物語を読みながら紹介した。

 最終日の12日は、市長公認のご当地アイドル「縁夢寿美(えんむすび)ガールズ」や近畿大学高等専門学校軽音楽部のライブ、名張の地酒「のみくらべ会」などがある。

〔伊賀版〕
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28
29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]