忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2014.04.16,Wed
雑誌

センター通信 第8号
 平成26・2014年3月25日 立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター
 B5判 12ページ

 

研究ノート 物語の中の「旅行」の読み方 江戸川乱歩「押絵と旅する男」を中心に
 村上和夫
 p1-3
エッセイ 乱歩邸と不思議な縁の話
 大塩竜也
 p3-5
紹介 小樽文学館「没後二〇年 中井英夫展」を開催して
 本多正一
 p6-8
資料紹介 「江戸川乱歩ミステリブック」と探偵小説雑誌「黄金虫」
 落合教幸
 翻刻協力:米山大樹、影山亮
 p8-12
編集後記
 落合
 p12

研究ノート 物語の中の「旅行」の読み方 江戸川乱歩「押絵と旅する男」を中心に

村上和夫  

●観光学とは
 観光学とは、人々が旅行する事を対象に研究する分野である。それも楽しみを求めてする旅行について研究を主とする。

エッセイ 乱歩邸と不思議な縁の話

大塩竜也  

 昨年の暮れ、突然小学校時代の同級生から連絡があり、池袋で会食しました。彼は現在、都内の大学で朱子学を講じています。

紹介 小樽文学館「没後二〇年 中井英夫展」を開催して

本多正一  

 二〇一三年十一月九日から二〇一四年一月十三日、北海道小樽市の市立小樽文学館にて「没後二〇年 中井英夫展」が開催された。 

資料紹介 「江戸川乱歩ミステリブック」と探偵小説雑誌「黄金虫」

落合教幸  

解題
 江戸川乱歩の回想によれば、昭和二十年末頃から「探偵小説の出版大流行の兆あり」というように、戦後にふたたび探偵小説のブームが起こり始めていた。

 旧江戸川乱歩邸:Home
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]