忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2013.12.29,Sun
書籍

名古屋謎解き散歩
 編著:中根千絵、村手元樹
 編:中経出版新人物文庫編集部
 平成25・2013年12月9日第一刷 KADOKAWA 新人物文庫
 A6判 カバー 271ページ 本体762円

関連
江戸川乱歩を培った名古屋での少年時代
 村手元樹
 第6章 人物編 > p243-245
江戸川乱歩その二──なぜ名古屋の大須ホテルで原稿を捨てたのか?
 村手元樹
 第6章 人物編 > p246-248

江戸川乱歩を培った名古屋での少年時代

村手元樹  

 日本の探偵小説の草分け的存在である、江戸川乱歩(一八九四〜一九六五、本名平井太郎)は、明治二十七年(一八九四)三重県名張に生まれ、三歳から一七歳までの少年時代を名古屋の中心部(現在の栄付近に家があった)で過ごした。

江戸川乱歩その二──なぜ名古屋の大須ホテルで原稿を捨てたのか?

村手元樹  

 さて、その後大人になった乱歩と名古屋との関係を語るうえで、一つの印象深いエピソードがある。
 昭和二年(一九二七)、乱歩は、探偵小説雑誌『新青年』の編集長だった横溝正史に小説の執筆を依頼された。ところが、そのころの乱歩は、スランプ状態で休筆し、華族を残して東京を脱出、日本各地を放浪していた。

 中経出版:名古屋謎解き散歩
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
23 24 25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]