忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2013.10.20,Sun
ウェブニュース

伊賀タウン情報YOU
 平成25・2013年10月15日 ユー

新作の影絵使って文化を発信 名張市
 Home > 総合 > 記事

新作の影絵使って文化を発信 名張市

編集部 (2013年10月15日 18:48)



 名張の文化や歴史を盛り込んだ自作影絵を上演している名張市中町の伊賀まちかど博物館はなびし庵の新作「子だから地蔵」の発表会が、10月20日午後1時30分から同所で開かれる。

 名張の文化や歴史を多くの人に知ってもらいたいと、9年前から館長の角田勝さんと久子さん夫妻が「劇団ふたり」として上演しているもので、これまで名張の歴史を語る影絵劇が8本、名張の昔話をモチーフにした短編影絵劇4本を公開してきた。

 新作は同市朝日町に伝わる昔話の「子だから地蔵」。子だからに恵まれない夫婦が人助けにより神さまから子どもを授かり、その安産のために子だから地蔵にお参りし、無事に出産したという物語。

 これまで旧市街を舞台にした作品が無かったことや11月に孫が生まれることを祝って選んだという。今年4月から久子さんが仕事の合間に少しずつ制作し、劇中に登場する人物も出産予定の孫を筆頭に家族に見立てて作ったという。

 久子さんは「名張の文化を知ってもらえたら。いずれはオリンピックもあるので、外国からの観光客に向けて英語版を作っていきたい」と話している。

 20日の発表会では、江戸川乱歩の誕生日を祝い上演するという歴史影絵「乱歩誕生」と共にお披露目する。入場料は400円で、事前予約が必要。

 問い合わせは同館0595・63・0032へ。
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]