忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2010.12.07,Tue
書籍
 
日本探偵小説論
 野崎六助
 平成22・2010年10月10日第一版第一刷 水声社
 B6判 カバー 439ページ 本体4000円
 初出連載:ミステリマガジン 2005年1月号ー2010年6月号
 初出タイトル:夜の放浪者たち──モダン都市小説における探偵小説未満
 
主要関連箇所
第一章 亂歩変幻
 1 泥棒にもプロレタリアにもなれず
 p25ー30
 2 恐ろしき分身ゲームの果てに
 p31ー37
 3 空の空なる空気男
 p37ー44
第三章 夜の放浪者たち
 1 江戸川乱歩「屋根裏の散歩者」
 p95ー99
第七章 戦後探偵小説の一側面
 6 江戸川乱歩『ぺてん師と空気男』
 p370ー376
 
…………………………………………………………………………………
 
第一章 亂歩変幻
 
 1 泥棒にもプロレタリアにもなれず
 
 始めはごく初歩的に。
 江戸川乱歩はなぜ江戸川乱歩であるのか。その、ワン・アンド・オンリーの秘密に迫る。つまり、たいていは知られていることか、すでにだれかによって書かれている事柄だ。初級講座からはじめていく。ただし、あまり初級すぎても値打ちがさがるから、陽の当たらなかった作品を材料にして考えていこう。
 
…………………………………………………………………………………
 
第三章 夜の放浪者たち
 
 1 江戸川乱歩「屋根裏の散歩者」
 
 ここから中級。種々の名前が飛び交う。
 地味井平造の「煙突奇談」は一九二六年六月に『探偵趣味』に発表。この前後にいくつかの作品を順列に並べてみると、よりテーマがはっきりしてくる。
 
…………………………………………………………………………………
 
第七章 戦後探偵小説の一側面
 
 6 江戸川乱歩『ぺてん師と空気男』
 
 第一章で述べたように、江戸川乱歩の「空気男」は、連載四回で途絶した。初期の惨憺たる失敗作のひとつ。作者も忘れたいと願い、だれもが素通りする。だが、作者は、三十数年過ぎてからその改作を思い立つ。どういう仔細があってのことか。
 
…………………………………………………………………………………
 
PR
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]