忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2013.03.18,Mon

ウェブニュース

朝日新聞デジタル
 平成25・2013年3月15日 朝日新聞社

「無償の愛」がテーマ 美輪明宏「ヨイトマケの唄」
 Home > 連載・マガジン > ショッピング > うたの旅人 > 記事

「無償の愛」がテーマ 美輪明宏「ヨイトマケの唄」


例えようのない戦慄から生まれた 福岡県飯塚市



かつて、多くの人が汗と石炭にまみれて働いた炭鉱跡。地底へと続いた坑道が口を開けていた=福岡県飯塚市の大門坑跡


 年に一度の祭りにあって、そこだけが静まりかえりました。昨年大みそかの東京・NHKホール。紅白歌合戦の舞台です。闇から現れた美輪明宏さん(77)は、いつもの金髪ではありませんでした。黒のかつら、黒一色の衣装。「ヨイトマケの唄」を歌いました。


 「よいっと巻け!」は、工事現場の機械化が進んでいなかったころ、綱を引いて槌(つち)を上下させて、地盤を突き固める作業の時に使われた掛け声です。


 歌詞は、泥にまみれ、男たちと働く母の姿を描きます。その息子はいじめられながらもエンジニアとなり、亡き母に感謝します。


 6分ほどもあるのに、この舞台を撮るテレビカメラは2度しか切り替わりませんでした。「圧倒的」。放送直後から、毒があるインターネットの世界でさえ称賛があふれました。


 この歌は、1965年にレコード化された美輪さんの代表曲です。しかし、歌詞に出てくる「土方」「ヨイトマケ」という言葉が差別表現だとして、民放から敬遠されました。特に1980~90年代のことです。


 (続きは3月16日付け朝刊の別刷り「be」をお読みください。)


聴く


 「ヨイトマケの唄」は、「美輪明宏 全曲集2013」(キングレコード、3000円)などに収録。4月5日から5月6日まで、主役と演出を務める舞台「黒蜥蜴(くろ・とかげ)」が東京の「ル テアトル銀座」であり、当日券が発売される。江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本で、美輪さんの初演は1968年。問い合わせはパルコ劇場(電話03・3477・5858)へ。その後の地方公演も含め公式ホームページ(http://www.o-miwa.co.jp/)に詳しい。


今回取り上げている商品


CD「美輪明宏 全曲集2013」

紅白で歌われた「ヨイトマケの唄」や、「愛の讃歌」「長崎育ち」「愛しの銀巴里」などの代表曲を集めた最新のベストアルバム。


PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]