忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2013.01.27,Sun

ウェブニュース

 

カナロコ

 平成25・2013年1月24日 神奈川新聞社

 

1月24日付け照明灯

 Home > 照明灯 > 記事

 

…………………………………………………………………………………

 

1月24日付け照明灯

 

2013年1月24日

 

 「堀口大學さんのところに、こういうふしぎな手紙が来たという。『貴大学の入学規則書をお送り下されたく候』」

 

▼戸板康二さんの「ちょっといい話」(文春文庫)から引いた。きのうは横浜市鶴見区の総持寺に眠る著者の没後20年に当たった。演劇・歌舞伎評論家、エッセイストのほか、推理作家としても活躍した

 

▼江戸川乱歩に勧められ、「車引殺人事件」でデビュー。八代目市川団十郎が自刃した謎を歌舞伎の老優、中村雅楽が解き明かす「團十郎切腹事件」で直木賞を受けた。雅楽の名推理はシリーズ化された

 

▼マルチな才能を発揮したが、やはり名を知らしめたのは文壇、芸能、スポーツなど幅広い分野にわたる著名人のエピソードを集めた「ちょっと-」だろう。その人脈の広さ、話題の豊富さ、絶妙なユーモアなどに感心させられる。著者は聞き取った話を克明にノートに記し、膨大な量に達していた

 

▼もう一編引用する。「瀬戸内晴美さんが小説に難渋しているのを見て、『プロって大変ですね』という人があった。瀬戸内さんが答えて、『いいえ、私はアマです』といったというのだ」。寂聴と改名する前の話である。大人の笑みを誘う本との出合いが減ったようだ。クスリとした笑いは心のクスリなのだが。

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
25 26
27 28 29 30 31
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]