忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2012.10.06,Sat

ウェブニュース

 

中日新聞 CHUNICHI Web

 平成24・2012年10月3日 中日新聞社

 

文豪の愛したステーションホテル再開

 Home > 経済 > 記事

 

…………………………………………………………………………………

 

文豪の愛したステーションホテル再開

 

2012年10月3日 11時26分

 

20121006c.jpg

 

 約6年半ぶりに営業を再開し、客を迎える「東京ステーションホテル」の従業員ら=3日午前、JR東京駅

 

 保存・復元工事を終えたJR東京駅丸の内側の赤れんが駅舎内にある「東京ステーションホテル」が3日、約6年半ぶりに営業を再開した。

 

 東京駅が開業した翌年の1915年にオープンし、川端康成や松本清張らの文豪が執筆のために、隠れ家のように落ち着いた雰囲気を好んで滞在した。江戸川乱歩も愛用者の一人で客室が小説「怪人二十面相」の舞台にもなった。

 

 JR東日本の冨田哲郎社長は記念式典で「歴史と先進性を兼ね備えた日本を代表するホテルとしてご愛用していただけるように頑張りたい」とあいさつした。

 

 客室数は150。宿泊料金は1室3万30円から80万8500円まで。

 

(共同)

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
28 29 30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]