忍者ブログ
Nabari Ningaikyo Blog
Posted by 中 相作 - 2012.09.20,Thu

書籍

 

秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集

 ブラックウッド

 訳:南條竹則

 平成24・2012年1月20日初版第一刷 光文社 光文社古典新訳文庫

 A6判 カバー 361ページ 本体933円

 

関連箇所

解説

 南條竹則

 p328-353

 

…………………………………………………………………………………

 

解説

 

南條竹則  

 

 今からもう四十年も昔、創土社から出た「ブックス・メタモルファス」という箱入り本シリーズの一冊に、紀田順一郎氏の翻訳による『ブラックウッド傑作集』がありました。

 わたしはこの本を暮に渋谷の本屋で買って、お正月に少しずつ楽しんで読んだのですが、その箱には、たしかギュスターヴ・ドレの絵が紺のインクで印刷してあり、帯の謳い文句には「怪奇小説最大の巨匠」とありました。こういう宣伝文句というのは、大概アテにならぬものです。しかし、ブラックウッドを形容したこの言葉だけは、まさにその通りだと今でも思っています。

 

…………………………………………………………………………………

 

 光文社:秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
開設者
 中 相作:Naka Shosaku
ブログ内検索
バーコード
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]